コーポレートガバナンス 株主との建設的な対話を促進するための基本方針

戸田建設株式会社(以下、「当社」という)は、株主との建設的な対話を促進するために、以下の基本方針に沿って、体制整備と取組みに努める。

  1. 1株主とのコミュニケーションについて、代表取締役をトップとし、管理本部役員をIR担当役員とする。その対応窓口を総務部IR課とする。
  2. 2株主との建設的な対話を促進するための体制整備および取組みに関する方針は次のとおりとする。
    1. (1)株主から面談の申し入れがあった場合、総務部IR課で対応する。日本版スチュワードシップコードの受け入れを表明し、当社の長期的で持続的な成長の実現を求める機関投資家からの経営層への面談の申し入れに対しては、面談の目的及び内容の重要性、面談希望者の属性等を考慮して代表取締役・担当取締役等と対応方法を検討し、適切に積極的に対応する。
    2. (2)IR担当部署として総務部IR課を設置し、企画部門・財務部門等の関連部署と連携を取りながら、株主との建設的な対話の促進に努める。また開示については広報・CSR部と連携して充実を図る。
    3. (3)個別面談以外の対話の手段として、投資家・アナリスト向けに年2回決算説明会を実施するほか、必要に応じて説明会を開催する。また、定期的に株主アンケートを実施して、主に個人株主の意見聴取を行うほか、当社ウェブサイトによる情報開示の充実を心掛ける。
    4. (4)IR活動で得られた株主・投資家からの意見や質疑応答内容等については、当社経営に資すると判断されるものはすべて取締役会や経営陣幹部が参加する定例会議において、フィードバックを適切に実施する。
    5. (5)当社は、決算情報の漏えいを防ぎ公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までの一定期間を沈黙期間とし、この期間は決算に関する問合せへの回答やコメントを控えることとする。ただし、沈黙期間中に当社が公表した業績予想を大きく修正する見込みがでてきた場合には、金融商品取引所規則等に従い公表する。
  3. 3当社は、年に1回以上、必要に応じて実質株主調査を実施し、株主構造の把握に努める。調査により判明した情報は、当社の長期的で持続的な成長の実現を求める機関投資家との面談などのIR活動に活用する。

以 上