利益配分については、競争力並びに財務体質の強化に不可欠な内部留保を確保しつつ、業績及び経営環境を勘案の上、配当を安定的に継続することを通じて、株主の皆様へ利益還元を行っていくことを基本としております。当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的な方針としており、その決定機関は株主総会となっております。

1株当たり配当額の推移