2016年3月7日

株式会社永坂産業(東京都中央区京橋、代表取締役 牛尾 幸光)および戸田建設株式会社(東京都中央区京橋、代表取締役社長 今井 雅則)の2社は、東京都中央区京橋一丁目7番他の街区において開発事業を行うために2015年9月11日、東京都知事に対し都市再生特別措置法に基づく都市再生特別地区の都市計画提案を行いましたが、本日、東京都において都市計画決定がなされましたのでお知らせいたします。

今後、A街区では、本年6月に着工し2019年度の竣工を目指してまいります。また、B街区は本決定をもって開発の計画を具体化する段階に移行し、2023年度の開発区域全体の完成を目指してまいります。

本開発区域周辺には美術館、都内有数のギャラリー、古美術商等が多数集積しています。この立地を生かし、建物の低層部には誰もが気軽に芸術・文化を体感できる「美術館・展示施設」、若手芸術家の創作活動を支援する「創作・交流施設」、芸術作品の展示やイベント開催により国内外に発信する「情報発信施設」を整備します。また、地上部分には芸術・文化イベントや地域活動を実施する広場((仮称) アートスクエア)を整備します。

本開発区域ではそのほか、土地区画整理事業を活用した街区再編によって細街路等の解消と広場・歩行空間の拡充整備、東京都八重洲駐車場への地下通路・バリアフリーエレベーターの整備、公共的駐輪場の整備を行います。
また、地域の防災対応力強化のために帰宅困難者の一時滞在施設・防災備蓄倉庫等を整備するほか、環境にも配慮し、自然エネルギーの活用等による環境負荷の低減と建物の環境性能の確保にも取り組みます。

2社は、本開発区域が芸術と文化の拠点として、また最新の設備を備えたオフィス地区として銀座から日本橋へつながるにぎわいを創出し、地域の発展と東京の魅力の一層の向上に資するよう取り組んでまいります。

本開発計画の概要は別紙の通りです。

以上

(別紙)

開発計画の概要(全体)

計画地
東京都中央区京橋一丁目7番、8番の一部、9番、10番の一部
地域地区等
商業地域、防火地域、日本橋・東京駅前地区地区計画
区域面積
約1.6ha
予定工期
2016年度〜2023年度

計画建物の概要

A街区
事業主体
株式会社永坂産業
用途
事務所、文化施設、駐車場等
敷地面積
約2,815㎡
延べ面積
約47,100㎡
階数
地上23階、地下2階
高さ
約150m
設計者
株式会社日建設計
施工者
戸田建設株式会社
予定工期
2016年6月〜2019年度
開業予定
2019年度
B街区
事業主体
戸田建設株式会社
用途
事務所、店舗、文化施設、駐車場等
敷地面積
約6,150㎡
延べ面積
約101,500㎡
階数
地上28階、地下3階
高さ
約173m
設計者
戸田建設株式会社
施工者
戸田建設株式会社
予定工期
2021年度〜2023年度
(参考)C街区 ※一般建て替え
事業主体
全国信用協同組合連合会
用途
事務所、駐車場等
敷地面積
約1,450㎡
延べ面積
約9,300㎡
階数
地上7階、地下1階
高さ
約32m
予定工期
2016年度〜2018年度

開発区域図

①位置図

②配置図

完成イメージ(中央通り側より)

建物低層部分に整備する芸術文化拠点のイメージ

建物低層部分に、誰もが気軽に芸術・文化を体感できる「美術館・展示施設」、若手芸術家の創作活動を支援する「創作・交流施設」、芸術作品の展示やイベント開催により国内外に発信する「情報発信施設」の整備を行います。

2街区一体でのアートイベントのイメージ(中央通り側より)

地上部分には芸術・文化イベントや地域活動を実施する広場((仮称)アートスクエア)の整備を行い、地域へにぎわいを創出します。