2016年10月6日

戸田建設(株)(社長:今井雅則)は、(株)YSLソリューション(社長:市川岳彦)とともに、iPad用内装仕上げ検査システム『LAXSY(ラクシー)』を共同開発しました。

『LAXSY(ラクシー)』は、建築現場における内装仕上げ検査での適用を想定しています。同機能の従来品よりも「検査項目の入力スピード」と「操作性」を大幅に向上させるとともに、当社の検査ノウハウを活用した製品です。

1.開発の背景

現在、多くの大手建設会社では、タブレット携帯端末を用いた検査が一般的となってきています。しかし、建築工事における内装仕上げ検査については、その対象(壁、天井、床等の部位)や指摘内容、是正する協力会社名など、多くの情報を入力する必要があり、検査員の負担となっています。

2.従来品との比較

『LAXSY(ラクシー)』では、検査部位や指摘内容を一括入力する画面構成とすることで、従来品と比べて、必要なクリック数を約30%低減させています(当社調べ)。
また、頻繁に使う指摘内容を事前登録できる「プリセット機能」や、同じ内容の項目を再度入力する手間を省く「履歴機能」を搭載することで、「検査項目の入力スピード」と「操作性」を大きく向上させています。

そして、『LAXSY(ラクシー)』には、当社が過去の建築工事で培ったデータをもとにした、建物用途別の指摘内容マスタを搭載しています。これにより、マンションなど内装仕上げ検査が頻繁に行われる建物はもちろんのこと、事務所や工場、病院など他の用途の建物についても、簡易に検査項目を入力することが出来ます。

※一つの検査内容の入力について必要なクリック数を、現在市販されている同機能の製品と比較

3.今後の展開

当社は、今後『LAXSY(ラクシー)』を建物用途に関係なく様々な作業所へ展開し、業務の効率化、生産性向上を図ります。
当システムは、(株)YSLソリューションが外販し、多くの企業、ユーザーに使用していただくことで、より使いやすいシステムへと改善していきます。

検査画面

指摘内容入力画面

操作状況