資産を有効活用したい

芝浦ルネサイトタワー

概要

所在地(B街区) 東京都港区
発注者(B街区) 新日鉄都市開発、日本土地建物
設計(B街区) 戸田建設、日建設計
竣工年(B街区) 2009年(予定)
工事概要(B街区) S造 19/2 延27,322m2

特徴

「総合設計制度、一団地認定を最大限活用したオフィスビル計画」

本プロジェクトは、2006年の芝浦工業大学の江東区豊洲キャンパスへの移転に伴い計画され、芝浦工業大学による募集を経て、新日鉄都市開発、日本土地建物、当社の3社からなるグループが事業パートナーとして選定され、芝浦工業大学とともにA・B・C全3街区からなる再整備を行ったものです。

計画手法

ステップ1 既存容積率による計画

ステップ2 統合設計制度による容積の割増(B、C街区)

ステップ3 B、C街区間において一団地建築物設計制度による容積の移転

A街区は芝浦工業大学が土地の所有を継続し、新大学施設を、B街区は新日鉄都市開発・日本土地建物の2社がオフィスビルを、C街区は阪急インベストメント・パートナーズが組成するSPC(特別目的会社)がホテルをそれぞれ建設します。
また、事業全体のコーディネートおよびA・B・C全街区の設計・施工を当社が、B・C街区の設計については日建設計と当社が共同で行っています。
なお、3区画の敷地のうち、B・C街区において総合設計制度による容積割増(ステップ2)及び一団地認定による容積移転(ステップ3)を実施しています。