施設をリニューアルしたい(土木)

環境修復

都市のヒートアイランド現象の抑制や景観に配慮した改修工事を行います。

保水性舗装(エコクーリング舗装)

「打ち水」には、水が蒸発するときの気化熱により地面の温度を下げ、さらに大気の温度も下げる効果があります。
エコクーリング舗装は、雨水などの水分を吸収し蓄える保水性を飛躍的に高めることで、打ち水のような効果をもたらす舗装です。

都市部のアスファルト舗装に適用することで、大きなヒートアイランド現象の抑制効果が期待できます。

エコクーリング舗装は、保水材に本来廃棄処分されてしまう浄水場発生土(脱水ケーキ)を使用した、「環境にやさしい」保水性舗装です。

グリーンウッド舗装

舗装面と施工状況

「グリーンウッド舗装」は、建設工事で発生し、本来なら産業廃棄物として処理される型枠などの伐採材の有効利用を図った木質系、ウッドチップ舗装です。
天然素材を使用した木質系舗装は、周辺環境と調和し、透水機能もある環境にやさしい工法です。

アスファルト舗装と比較し表面温度が上昇しないため、ヒートアイランド現象抑制効果も期待できます。

グリーンウッドソイル緑化工法

「グリーンウッドソイル緑化工法」は、本来、産業廃棄物として処理される伐採材・伐根・竹等の有効利用を図った「環境にやさしい」法面緑化工法です。

粉砕したばかりの伐採材・伐根材・竹等の未分解チップは、発芽・生育障害のため緑化が難しいとされていますが、本工法では特殊副資材(グリーンウッドソイル)を混合することにより、従来、施工されている法面緑化工法と同等の緑化を図ることが可能となります。

緑化した法面と未分解チップ

ダム補修(エージング塗装)

ダム補修工事において、補修した箇所との色合わせを目的にエージング効果を与えるための景観配慮型塗装(浸透性着色材)です。

エージング塗装により、既存箇所と補修箇所の色目の違いをなくし、ダムの風格はそのままに力強さと優美さを取り戻します。

ダム補修時エージング塗装状況

ビオトープ

近年、「ビオトープ」という言葉は、多くの人に受け入れられる言葉になったのではないでしょうか。
Bio(いのち)+topos(場所)という語源が示すとおり、もともとは生物の生息環境そのものを表す言葉ですが、近年では失われた生物の生息環境を、人の手で復元・創出した生物生息空間を指す事が多いようです。
戸田建設では、数ヘクタール規模の大きなビオトープから、建物の屋上に設けるような小さなビオトープまで、数多くのビオトープを手がけています。

工場敷地内のビオトープ

アメニティビオトープ

関連情報

技術

舗装体内に保水材を有し雨水を蓄え、蒸発する際の気化熱によって路面温度の上昇を抑制する舗装です。浄水場発生土を利用した保水材を使用した環境にやさしい技術です。

産業廃棄物として処理される伐採材の有効利用を図った木質系舗装です。周辺環境と調和し、透水機能も有しており環境に優しい工法です。

産業廃棄物として処理される伐採材・伐根等の有効利用を図った緑化工法です。特殊副資材を混合することで、従来の法面緑化工法と同等の緑化を図ることが可能です。

敷地の空いている空間や建物の屋上等にビオトープや屋上緑化を設置することで、自然が身近に感じられ、人の憩い場所として提供します。

  • ダム補修工事(エージング塗装)