施設をリニューアルしたい(土木)

リニューアルの進め方(調査・診断・補修・補強)

戸田建設が行う、土木構造物リニューアルの進め方をご説明します

STEP 1 : 調査・診断

  • 一次診断:目視・書類調査
  • 二次診断:非破壊試験・微破壊試験による調査
コンクリート強度推定 孔内局部載荷試験、反発度法試験
ひび割れ・剥離・空洞調査 サーモグラフィー、弾性波、超音波、電磁レーダーなど
鉄筋・かぶり厚さ・埋設物 電磁誘導、電磁レーダー、X線など
  • 三次診断:破壊試験による調査
コンクリート強度 コア強度試験など
コンクリートの配合、化学成分、細孔構造 走査電子顕微鏡(SEM)、電子マイクロアナライザー(EPMA)
水銀圧入法による細孔構造分析
鉄筋腐食 中性化深さ、塩化物イオン含有量、自然電位、分極抵抗、電気抵抗など
アルカリシリカ反応(ASR) 残存膨張量試験など

STEP 2 : 予測・評価・判定

予測

劣化機構の把握
ex:(中性化因子)のコンクリートへの浸入

評価

STEP1の調査結果を基に現状評価、劣化予測・評価を行います。
ex:(中性化)√t法による経年変化予測から残存耐用年数の算出

判定

劣化状況の判定から補修補強の要否を定性的、定量的に判定します。
ex:(中性化)中性化残り等から残存耐用年数の算出

STEP 3 : 補修・補強計画・施工

補修

劣化の進行の抑制や、耐久性の回復、向上と第三者影響の除去または低減させます。
ex:ひび割れ補修工法、断面修復工法、電気防食工法等

補強

部材の耐荷性や剛性などの力学的性能低下を回復または向上させます。
ex:巻き立て工法、増厚工法

STEP 4 : 耐久性向上

コンクリート表面改質剤

コンクリート表面に改質剤を塗布することによって、劣化因子の進入防止または鉄筋腐食作用を抑制します。

コンクリート高耐久化技術

  • 1.「FSフォーム工法」
    コンクリート打設時の表面部余剰水(ブリーディング水)を排出することにより、あばたの低減と耐久性の向上を図ります。
  • 2.「液体窒素によるコンクリートクーリング工法」
    打設時のコンクリートを液体窒素によって冷却することにより温度応力によるひび割れ発生を低減します。
  • 3.「アクアマット」
    コンクリート打設後の湿潤養生を確実に行うことにより、乾燥収縮ひび割れの防止と、耐久性向上を図ります。
  • 4.「Qマット」
    コンクリート打設後の湿潤養生・保温養生を確実に行うことにより、乾燥収縮ひび割れ・温度ひび割れの防止と、耐久性向上を図ります。
  • 5.「繊維補強覆工コンクリート」
    繊維補強覆工コンクリートは、ポリプロピレン短繊維「シムロック」をフレッシュコンクリートに混入し、硬化後の曲げじん性を高め、構造物供用期間中のコンクリート片の剥落防止を行うことを目的とした工法です。