地球環境に配慮したい

CO2排出量を削減するために

地球環境を守るために、未来へ引き継ぐためにCO<sub>2</sub>排出量削減に取り組んでいます

施設の計画段階から施工、運用、解体段階までのライフサイクルを通してCO2は排出されます。ライフサイクルで考えると、運用段階でのCO2排出量がほとんどですが、その排出量は計画段階での配慮が要となります。
計画段階から、施工・運用段階とライフサイクルに渡ってCO2排出量削減に取り組んでいます。

お問い合わせ

技術に関するお問い合わせ

計画段階での配慮

環境配慮設計の推進

  • 空調負荷低減を目指した建築計画
  • 設備システム・機器の高効率化、最適設計による省エネルギー化
  • 未利用エネルギー(自然エネルギー)の積極的活用

環境配慮設計

建物のライフサイクル

  • 建物の長寿命化
  • 建物のリニューアル

グリーン調達品目の積極的採用

工事期間中の取組み

グリーン調達の推進

  • 建築工事 26品目 土木工事 8品目(2008年度目標)

工事期間のCO2排出量の削減

  • CO2排出量原単位の目標設定・管理
  • CO2排出量算定システムによる効果管理

工事期間のCO<sub>2</sub>の削減

CO2排出量累計(t-CO<sub>2</sub>)

CO2排出量の算定システム

運用後のご提案

設備運転の最適化

  • 運用初期段階の設備運転チューニングを行います

さらなる省エネルギー化

  • 省エネルギー診断・改修・検証の実施

省エネルギーソリューション

関連情報