地球環境に配慮したい

緑を豊かに

「人と自然との共生を実現し、地球環境の創造的再生をめざす」
この取り組みから誕生した様々な緑化技術をご提案いたします。

戸田建設は、自然環境を積極的に保全、再生し、きれいな水と豊かな緑を21世紀の人間社会にバランス良く取り込み、ビオトープをはじめとする自然と共生できる環境づくりをめざしています。

お問い合わせ

技術に関するお問い合わせ

ビオトープ

近年、「ビオトープ」という言葉は、多くの人に受け入れられる言葉になったのではないでしょうか。
Bio(いのち)+topos(場所)という語源が示すとおり、もともとは生物の生息環境そのものを表す言葉ですが、近年では失われた生物の生息環境を、人の手で復元・創出した生物生息空間を指す事が多いようです。
戸田建設では、数ヘクタール規模の大きなビオトープから、建物の屋上に設けるような小さなビオトープまで、数多くのビオトープを手がけています。

工場敷地内のビオトープ

アメニティ型屋上ビオトープ

グリーンウッドソイル緑化工法

「グリーンウッドソイル緑化工法」は、本来、産業廃棄物として処理される伐採材・伐根・竹等の有効利用を図った「環境にやさしい」法面緑化工法です。

粉砕したばかりの伐採材・伐根材・竹等の未分解チップは、発芽・生育障害のため緑化が難しいとされていますが、本工法では特殊副資材(グリーンウッドソイル)を混合することにより、従来、施工されている法面緑化工法と同等の緑化を図ることが可能となります。

緑化した法面と未分解チップ

関連情報