生産施設

医薬品製造施設

戸田建設は、生命科学産業の頼れるサポーターです

医薬品の製造は利益を求める企業活動であると同時に、人々の健康福祉QOL(クオリティー・オブ・ライフ)を支える社会活動でもあります。
企業は高品質な医薬品の供給を常に求められ、そのための進化を要求されています。
GMP(医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準)の観点から、戸田建設は独自のトータルエンジニアリング技術を基に、お客様のニーズにあった医薬品製造施設の企画・設計・施工からバリデーションまで、幅広くお手伝いします。
また、戸田建設の各技術からBCM(事業継続マネジメント)及びCSR(企業の社会的責任)も総合的に支援します。

GMPの三要件

トータルエンジニアリング

戸田建設は、医薬品製造施設の建設をトータルエンジニアリングでお応えします。

トータルエンジニアリングの要素

トータルエンジニアリングフロー図 拡大はこちら

各種エンジニアリング技術

戸田建設は、生産・マテリアルハンドリング設備、医薬品用ユーティリティ、コンタミネーションコントロール(除染等)、医薬品製造施設に求められる様々な技術で対応します。

エンジニアリング技術 拡大はこちら

バリデーション

戸田建設は数多くのバリデーション支援実績から、お客様に最適なバリデーションを提供し、お客様の品質管理をサポートします。

バリデーションフロー図 拡大はこちら

関連情報