専門分野でそれぞれの能力を発揮し、力を合わせることにより、沢山のプロジェクトを生み出してきました。様々な方向からアプローチし、トータルでコーディネートし提案いたします。

住戸のプランニング

SI住宅の考え方と技術により、プラン変更が容易になります。近い将来には、下記に示す定義も容易に可能になるかもしれません。

SI住宅のプランニング例

「入居者が変更できるレベル」は、可動間仕切りや家具、可動式キッチンなどを使用してライフステージの変化やSOHOなど住まいの使い方の変更に対応します。「供給者が変更できるレベル」では、住戸規模の変更、基本プラン、設備の変更などによる新たなコミュニティースペースの創出や住宅以外への用途変更、さらにはプラン変更を行った上での再商品化などが可能となります。

コラボレーション

設計というプロセスは、集合住宅のように大規模化・多機能化すればするほど、多分野の設計者・施工者によるコラボレーションによる創造行為となります。時には、著名建築家やデザイナーとの共同作業もあり、コラボレーションのかたちは様々ですが、ひとつひとつはそれぞれの担当者とプロジェクトに携わる多くの人びととの対話による成果です。

代官山
新居千秋氏とのコラボレーション

宇品
プランテックとのコラボレーション