時代の流れに即応して、物流に対する考えが大きく変化しています。その象徴ともいえるのがロジスティクス(LOGISTICS)という言葉。兵站という語源が示すように、戦略的で広義な物流を意味し、人、物、金、情報を効率的に活用してゆこうとするものです。
戸田建設は、こうした物流のコンセプトをトータルな枠組みの中で、ヒューマン、マネージメント、インテリジェンス、オートメーション、スペースという5つのコンポーネントで捉えています。
これらを有機的に機能させることで、これまでの物流センターからロジスティクスセンターへと、一歩進んだトータルなシステムを構築したいと考えています。

人にやさしい施設

HUMAN

これからのロジスティクスセンターの建設にあたって、欠かせないテーマのひとつが、人間環境の面からの施設づくりです。人間性を重視した快適作業環境、リフレッシュ空間の提供。緑の導入など建物の内外にわたって、働きがいのある、人にやさしい施設づくりを提案します。

無駄のない運営・管理

MANAGEMENT

企業戦略に即したロジスティクスセンターの運営を図るために、採算計画、運営管理計画の導入、作業の効率化、適正な在庫管理、輸配送の効率化などに加え、施設の効率的運用など、日常的なレベルでの無駄のない運営、管理を目指します。

高度情報システムの構築

INTELLIGENCE

効率的な運用を図るため、情報システムの構築が必要です。入出庫情報、在庫情報、販売情報などを瞬時に捉え、機動力を生み出す各種情報や、データ・ネットワークの展開など、これからの時代にふさわしい情報システムづくりを目指します。

最適な物流機器構成

AUTOMATION

未来を展望した、先進のロジスティクスセンター建設のためのポイントが、オートメーションへの取り組み。ニーズに即した最適な物流機器をシステマティックに構成することにより、搬送・荷役・保管の場で省人・省力化を達成、リードタイムの短縮など機動力にあふれる運営が可能になります。企業戦略に合致した最適物流システムを提案します。

効果的なスペース利用

SPACE

効率の高い施設空間・土地の有効利用は、ロジスティクスセンター建設の大切な要素となります。システムの効果的なレイアウトによる施設空間の効率的な活用。入出庫のスムーズな施設内外の動線計画。さらに、施設自体をひとつの宣伝媒体ととらえたVI(ビジュアル・アイデンティティ)提案など、時代の先端をいくスペース利用を提案します。