用途から探す

防災・保全施設

宮ヶ瀬ダム

我が国は世界でも有数の自然災害発生です。近年、異常気象による風水害が増加し、さらに大地震等の災害への対策は喫緊の課題になっています。
戸田建設は、安心・安全な国土整備のために、災害予防に関するを技術を積極的に提案していきます。

お問い合わせ

施設計画に関するお問い合わせ

防災・保全施設を構成する施設用途

技術とソリューション 更新情報

関連情報

微細な小孔を配したシートを型枠せき板に取り付け、コンクリート打設時にこのシートによりコンクリートから余剰水と気泡を抜き、あばたが極めて少なく、コンクリートの耐久性を向上させる工法です。

-196℃の液体窒素をプラントのミキサで練混ぜ中、またはアジテーターカー内のフレッシュコンクリートに投入することでフレッシュコンクリートを冷却する工法です。

大量に水を含むことができる水膨潤ウレタンを用いた湿潤養生マットです。構造物表面の乾燥を防止し、乾燥収縮ひび割れの発生を防ぎます。

コンクリート施工における湿潤養生と保温養生を同時に行い、高品質のコンクリート構造物を構築することを目的としたマットです。