技術概要

FSフォーム不使用(護岸堤防)

FSフォーム使用

FSフォーム工法(透水型枠工法)は、微細な小孔を配したシートを型枠せき板に取り付け、コンクリート打設時にこのシートによりコンクリートから余剰水と気泡を抜き、あばたが極めて少なく、コンクリートの耐久性を向上させる工法です。

NETIS登録番号 KT-980126-A

※FSフォーム工法は藤森工業株式会社との共同開発です。

関連情報

製品に関するお問い合わせ先
フジモリ産業株式会社 建材事業部 技術部
住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田2-17-1オーバルコート大崎マークウエスト9F
TEL:03-5789-2383
URL:http://www.fujimori.co.jp

お客様のメリット

  • 構造物表面の気泡あばたが減少し、美観が向上します。
  • 構造物表面付近の水セメント比が減少し強度が向上します。
  • 構造物の耐久性(中性化、塩分浸透、凍結融解低減)が向上します。

あばた発生率の比較

FSフォーム あばた発生率0%

合板型枠 11.7%

技術・工法の特徴

  • 余剰水の排水量が大幅に増加します。
  • コンクリートの凍結融解抵抗性が向上します。
  • コンクリートの塩分浸透深さが2/3以下になります。
  • コンクリート表面のあばたの発生量が1/10以下になります。
  • コンクリート表面の強度が2倍以上になります。
  • コンクリートの中性化深さが2/3以下になります。

余剰水排水量の比較

余剰水排水量の比較

凍結融解試験後の比較

塩分浸透深さの比較

関連情報

実績

  • 第二東名 静岡第五トンネル工事
  • 第二京阪 打上地区改良工事
  • 建設省 宮ヶ瀬ダム本体工事