TO-CFTシステム施工状況

中低層の倉庫から超高層の住宅・オフィスビルまで柔軟に対応

TO-CFTシステムは、実績のある従来のCFT(Concrete Filled Steel Tube)造に当社独自の技術を統合することにより、高品質・経済性・短工期を実現する構造システムです。

自由度の高い設計が可能で、中低層の倉庫から超高層の住宅・オフィスビルまで柔軟に対応できます。

概要

CFT造は、円形あるいは角形鋼管の中に高強度のコンクリートを充填し、柱として用いる構造です。鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造に続く『第4の構造』と呼ばれ、耐震性や施工性に優れています。

TO-CFTシステムは、従来のCFT造に以下の最新技術を統合し、実現した当社独自の構造システムです。

CFT造イメージ

CFT造イメージ

お客様のメリット

TO-CFTシステム出の室内例

安全性が向上します

柱のコンクリートを帯筋と鋼管の二重で巻くことにより、コンクリートの脆性的な破壊を防止することで、耐震性を向上させることができます。

居住性が向上します

柱断面を小さく抑えることで、超高層集合住宅でも有効床面積を広く確保することが可能となり、より良好な住環境を実現でき、200m超えの超高層集合住宅が90cm角程度の柱断面で実現できます。

経済性が向上します

鋼管内に高強度鉄筋を挿入することで、高価な鋼管の厚みを抑えることが可能となり、従来よりも安価に施工することができます。また、鉄骨造よりも耐火性が高いため、耐火被覆を薄くすることができます。

技術詳細

TO-CFTシステムは、さまざまな技術を統合することにより、高品質・経済性・短工期を実現します。

Super CFT構造

CFT柱充填コンクリートの高強度化に加え、高強度鉄筋を鋼管内に挿入することで、耐力・靱性に優れ、柱断面を小さくできます。
本技術は(株)都市居住評価センターの構造評定(構17007)を取得しています。

Super CFT構造イメージ

Super CFT構造イメージ

耐火被覆半減

耐火実験による確認

耐火実験による確認

耐火実験による検証結果をもとに、従来のCFT造柱に比べて、耐火被覆の厚さは半分で済みます。(1、2、3時間耐火)
本技術は国土交通大臣認定(FP180CN-0466等)を取得しています。

制振構法・免震構法

地震や強風による振動に対しては、制振構法や免震構法を組み合わせて、耐震性や居住性を向上させます。
制振構法では、オイルダンパーや粘性壁などの制振ダンパーを各階に配置します。
免震構法では、積層ゴムや弾性すべり支承を主に1階床下に配置します。

TO-CFTシステム

TO-CFTシステム

高強度・高流動コンクリートの使用

通常のCFT造では、鋼管内に密実にコンクリートを充填するために、高強度で流動性の高いコンクリートを使用します。
このようなコンクリートはJIS規格の普通コンクリートではないため、国土交通大臣の認定を必要としますが、当社では多くの実績があります。

JISコンクリートによる落とし込み工法

落とし込み工法

落とし込み工法

JIS規格のコンクリートを使用した落とし込み工法を開発し、実大施工試験により充填性を確認しています。
この工法は、JIS規格の普通コンクリートを用いるため、経済性に優れています。

認定関係

  • Super CFT構造:
    株式会社 都市居住評価センター構造評定
    (構17007)
  • 耐火関連:
    国土交通大臣認定
    1時間耐火:FP060CN-0454
    2時間耐火:FP120CN-0460
    3時間耐火:FP180CN-0466

CFTコンクリート打設管理システム

CFTコンクリート打設の際に、打設速度や筒先の埋込深さを自動制御することにより、充填性の高いCFT柱の施工を可能にします

システム初期画面

システム初期画面

「落とし込み方式」によるCFTコンクリートの打設は、「圧入方式」に比べてコスト面でメリットがある一方で、打設時に空気を巻き込みやすいなど、品質的なデメリットがあります。これを解消するために打設速度をリアルタイムに測定し、打設速度・筒先埋込深さを自動制御するシステムを開発しました。システムの打設速度測定機能は「落とし込み方式」だけでなく「圧入方式」によるCFTコンクリート施工時の計測システムとしても適用できます。

技術に関するお問い合わせ

関連情報