技術概要

双頭アンカーセグメントは、アンカー材と受け部材から構成される、軸方向ワンタッチ挿入が可能なシールドセグメント用リング間継手です。

お客様のメリット

  • ワンタッチ継手構造であり、セグメント組立時間を短縮できます。
  • 強固な引抜き耐力を持つため、増締めの必要がありません。
  • 二次覆工省略型セグメントでありボルトボックスの充填が不要で内面の平滑性が高まります。
  • 継手金物がセグメント内面に露出しないので、防錆処理が不要です。

技術・工法の特徴

  • 継手挿入に伴い、コーン部の楔作用によって軸部材が押し拡げられ、受け部材と接合される、ホールインアンカーと同様の機構です。材質や仕上げ精度を工夫してリング継手として必要な引抜き耐力、せん断耐力を向上させています。
  • 挿入試験、引抜き試験、せん断試験、施工性試験、実証工事など性能試験を繰返し実施し、品質確認に万全を期しています。
  • 二次覆工を省略すると掘削土量の低減やコンクリート量の低減によりコストダウンが可能です。本継手はこの二次覆工省略型に対応できる継手です。
  • 双頭アンカーを組立直前にセグメントに設置するため、運搬中の破損・変形の恐れがありません。

セグメント挿入状況

組立完了状況

技術に関するお問い合わせ

関連情報

実績

  • 某都道府県雨水幹線工事