技術概要

自由断面トンネル掘削機に、自動掘削システムを搭載し、安全で効率的なトンネル掘削を可能とするものです。

自動掘削運転状況

自動掘削画面

自動制御パラメーター入力画面

お客様のメリット

  • 掘削精度の向上に伴い、作業員が切羽へ立ち入る危険作業が少なくなり安全性が向上し ます。
  • 適切な余掘量が熟練度に左右されずに確保でき、余掘り分の掘削ズリが低減し、建設発生土の低減に役立ちます。
  • 機体が掘削反力によりずれても、瞬時に補正し正確に掘削します。
  • 余掘の無駄が無いため、吹付量が低減します。
  • 外周掘削が自動なので1回で済み、掘削効率が大幅に向上します。

技術・工法の特徴

  • 本技術は自由断面トンネル掘削機の掘削作業を自動化することにより、掘削前測量・掘削目印や掘削進行長確認の作業を大幅に低減しました。オペレータの熟練度によらず、設定したトンネル線形を簡単な操作で高能率・高精度に自動掘削できるようにしたものです。
  • トンネル線形に対する掘削機本体の位置・姿勢角を自動測量するシステムと本体の位置検出器と制御用CPU装置等により、掘削装置を自動制御するシステムから構成され、この2つのシステムは常時連携しています。
  • 自動測量システムは、掘削機本体に搭載したLEDターゲットを後方に設置したCCDカメラ付トータルステーションで捕捉し、光波測距結果を画像処理することにより、機体の位置姿勢を常時リアルタイムで計測します。

技術に関するお問い合わせ

関連情報