技術概要

ノンターゲット式のレーザー測距儀を使用したトンネル断面計測システムです。

トンネル断面測定結果

お客様のメリット

  • 合理性
    同一の測定器で、通常のトータルステーションによる業務(内空変位測定、測量)と、トンネル断面測定に適用できることから、本システムにより合理化した計測・測量業務が実施できます。
  • 経済性
    新たに測定器を購入する必要がないため、機材が一本化でき経済的です。
  • 施工管理への反映
    各種段階(掘削後、吹付け後、覆工後)の断面測定に適用できるため、掘削管理に反映でき、また、吹付および覆工の厚さ管理が容易に実施できます。

技術・工法の特徴

  • レーザーエコー方式の距離センサーを使用して高精度を確保しました。
  • 可視光線を使用し、測定ポイントの位置を確認できます。
  • パソコンで測定結果を図示できます。
  • 2軸モーターの駆動により、TCRA設置断面の前後1D範囲を測定できます。
  • 車両等の通行障害にならない、側方での測定が可能です。
  • 風管など測定の障害物がある場合でも適用でき、出力時に補正できます。
  •  

断面測定模式図

技術に関するお問い合わせ

関連情報

実績

  • 洲本宇原トンネル
  • 智頭トンネル
  • 洲本トンネル
  • 徳山6号トンネル