技術概要

掘削精度管理システムは、大深度連続壁において迅速かつ高精度な掘削を実現させる掘削精度管理システムです。掘削機の姿勢・位置を正確に、かつリアルタイムに計測することで、掘削溝の形状を知るだけでなく適切な掘削操作ができます。
超音波溝壁測定器を用いて溝壁形状を確認することなく連続的な掘削が可能となり、掘削サイクルを大幅に短縮することができます。また、光ファイバージャイロを掘削機に搭載することにより、従来の方法ではできなかったねじれを検出ことができ、さらに高精度の掘削管理ができます。

お客様のメリット

  • 高精度な連続壁を掘削できます。
  • 連続的な計測ができるので、掘削サイクルを大幅に短縮できます。
  • 光ジャイロを搭載することにより、ねじれを検出できるのでさらに高精度の掘削ができます。

技術・工法の特徴

  • 光ファイバージャイロ式ローリング測定装置は、優れた応答性により掘削機の「ねじれ」をリアルタイムに検出します。また、耐久性、耐振性にも優れ過酷な使用条件でも十分な力を発揮します。
  • 基準位置測定装置は、検出ワイヤを常に鉛直に保つ機構によりダイレクトに掘削機の水平位置を検出します。
  • メインシステムは、掘削機の姿勢・位置、掘削溝形状、掘削機の運転状況をリアルタイムにモニタします。ビジュアルな表示だけでなく各種アラームによりオペレータによる適切な操作を実現します。
  • サブシムテムは、メインシステムの動きを遠隔でモニタします。データは無線によりリアルタイムに受信するため、れたとろでも掘削状況を監視することができます。また、各データ解析も行え、より高精度、高効率な掘削へのフィードバックが可能です。

モニタ画像

技術に関するお問い合わせ

関連情報

実績

  • 横浜下水今井川地下調整池(発注者:横浜市)
  • 都財務神田川妙生寺立坑(発注者:東京都)