技術概要

すいすいMOGLA工法(Multi Opera-GLAss-type shield)は、従来の開削工法における仮設工事による工事の長期化や施工に伴う二次渋滞、地上施工ヤードの確保困難、円形大断面シールド工法における土被りの確保、及び掘進機や設備費の増大を解消した工法です。
比較的距離のある曲線施工を含む都市トンネル施工の工期短縮、コスト縮減を目的とした門型シールド機を活用した非開削矩形トンネルの段階的構築工法であり、周辺環境への影響を抑制できる工法です。

お客様のメリット

  • 非開削による構築のため、地上占用が不要であり交通規制等の必要がありません。
  • 開削工事における杭打ちなどによる騒音・振動がなく、周辺環境への影響を抑制できます。
  • 必要最小限の掘削土量とすることができるため、建設発生土量を抑制し、環境負荷の低減が図れます。
  • 門型シールド機により、上半・下半を段階的に構築するため、開削工法や全断面を掘削する大断面シールドに比べ、周辺地盤の変状を抑制できます。
  • 開削工法における路面覆工、山留め壁、中間杭などの仮設工や埋め戻し、道路復旧の工事手順が不要となり、全体工期の短縮が図れます。
  • マシンの回収が可能な場合には、基本的に1台の門型シールド機で構築できるため、マシン製作費の低減によりコスト縮減が図れます。
  • 大断面シールドのような大きな土被りを必要とせず、また仮設備を収容する用地面積を小さくできるため、立坑を簡略化することができます。

技術・工法の特徴

すいすいMOGLA工法は、門型シールド機を活用して矩形トンネルを構築する工法です。外殻先行構築モデルと坑内土留めモデルがあり、地盤条件や施工条件などの適応性を考慮し選択します。

外殻先行構築モデル

門型シールド機により頂版部(上半)と底版部(下半)の外殻を構築した後に、側壁部を接続・閉合しコンクリートを鋼殻内に打設することで、矩形トンネルを構築する工法です。シールド掘進が2回となるため、マシンの回収が可能な場合には1台の門型シールド機を反復利用することで、マシン製作費のコスト縮減が図れます。
側壁の接続・閉合は、当社保有技術であり実績のあるMMB工法を応用します。

手順1:門型シールド機掘進(上半・下半)

手順2:接続部地盤改良

手順3:接続部(側壁部)掘削

手順4:外殻躯体部 配筋コンクリート打設

手順5:内部掘削・隅角部鋼殻撤去

手順6:内部構築・施工完了

坑内土留めモデル

門型シールド機により頂版部を掘進し、門型シールド両端部の円形トンネル坑内から地中土留壁を打設構築します。コンクリートを頂版部に打設構築後、土留め内部の地山掘削を行い、矩形トンネルを構築する方法です。シールド掘進が1回ですむためコスト縮減が図れるとともに、頂版部先行構築により安全施工が実現できます。

手順1:門型シールド機掘進

手順2:地盤改良・坑内土留め工

手順3:頂版部 配筋コンクリート打設

手順4:内部掘削・隅角部鋼殻撤去

手順5:底版 配筋コンクリート打設

手順6:側壁部・内部構築 施工完了

技術に関するお問い合わせ