ブラザー・JTB新宿共同ビル改修(マルイシティ-2)

概要

所在地 東京都新宿区
発注者 丸井
設計 戸田建設
竣工年 2004年
工事概要 改修 SRC造 8/1 延6,335m2

特徴

日本最大の繁華街の中心である新宿三丁目交差点において、道路境界線から60cmしか離れていない外壁を全て撤去し、既存躯体から53cmの間にガラスとステンレスのダブルスキンファサードシステムを新設しました。

設計者のコメント

限られたスペース、厳しい条件の中で最大限にデザインイメージを実現することを目指しました。設計と並行した周到な準備工事・仮設計画、実測による大量の施工図作成、クライアント・デザイナー・設計者・施工者の密度の高い打合せなど、良好なコラボレーションが生んだ作品です。

  • 耐風圧シミュレーションにより、フロートガラスをステンレスプレート8点押え方式とし、ファサードの平滑感を確保し、初期デザインのイメージ確保を図りました。
  • 外部木目調フィルムは、高耐候性特殊プリントフィルムとし、高寿命化を図ると同時に裏面に透明飛散防止フィルムを施し、繁華街におけるガラスファサードの安全性を確保しています。
  • 前面光壁となるライトアップにより昼夜まったく違う「顔」をつくりだし、灯具は回転式とし、狭小ながら作業スペースをつくりメンテナンス性を確保しています。

縄田 浩

実績に関するお問い合わせ