治山・治水施設

大保ダム

大保ダム

概要

所在地 沖縄県大宜味村
発注者 内閣府 沖縄総合事務局
竣工年 2010年
工事概要 重力式コンクリートダム、堤高:77.5m、堤頂長:363.3m、 堤体積:400,000m3、総貯水量:20,050,000m3、有効貯水量:19,350,000m3

特徴

「沖縄北西部河川総合開発事業」の一環として計画された、洪水調節、流水の正常な機能の維持と増進及び水道用水の供給を目的とする多目的ダムです。総貯水容量が県内では第2番目の大規模ダムで、沖縄県で初めて拡張レヤー工法(ELCM)を採用した重力式コンクリートダムです。

実績に関するお問い合わせ