日本特殊陶業小牧第1工場

概要

所在地 愛知県小牧市
発注者 日本特殊陶業
設計 戸田建設
竣工年 2006年
工事概要 新築 S造 4/0 延28,233m2

特徴

当社で昭和36年に施工した工場を解体し、72m×96m、4階建ての工場を建設しました。
着工から竣工まで9カ月と短工期の為、ファブデッキの採用や屋上パラペットのPC化などの工業化工法を採用し施工効率の向上を図りました。

設計者のコメント

日本特殊陶業株式会社様の代表的な製品のひとつである自動車用プラグの製造基地である小牧工場の中で最も歴史の長い第1工場を建て替えました。
72m×96m、総4階建て規模は日本特殊陶業様小牧工場敷地内の建物全体の約四分の一にあたる大規模なものですが、敷地内のメインストリートに面して隣接既存棟外観との調和も図られています。
現在の生産施設建物への要求の多い、生産体制・レイアウト変更への対応を考慮して各階の南北にユーティリティスペースを集中させ、空調機械室、竪シャフト、変電設備などを配置し、見学通路を兼ねた回廊に囲まれた生産エリアは生産効率を活かす大空間となっています。また、法的にも将来の危険物一般取扱所への変更対応として耐火建築物としてあるなど、次のステップに迅速に対応可能な建物として計画しました。

合田 賢治

実績に関するお問い合わせ

関連情報

ソリューション

地震時の天井脱落被害を防ぐためには天井の耐震化・制振化が有効です。在来工法天井のクリップの上から耐震クリップを取り付ける天井耐震クリップ工法と制振デバイスを用いる制振天井システムがあります。