宿泊・福利厚生施設

京成ホテルミラマーレ

京成ホテルミラマーレ

概要

所在地 千葉県千葉市
発注者 京成電鉄
設計 戸田建設
竣工年 2002年
工事概要 新築 S造 16/2 延31,932m2 (JV)

特徴

京成千葉中央駅東口駅前にある、商業施設(物販・飲食・シネマコンプレックス)と地域密着型の旗艦ホテルの複合施設です。

設計者のコメント

計画のテーマは、地域の活性化のシンボルを目指すこと、活気溢れる界隈性を創出することでした。計画地周辺は雑居ビルが多く、雑然としています。このカオス風景からの差別化を図り、新たな風景を創出することを考えました。
建物はシンプル、モダンを基調に水平性・垂直性を強調した直線的なデザインとしました。頂部は、夜間ライトアップ用に傾斜した壁と柱形により、垂直性を強調したシンボリックな表現を目指しています。
構造はシネマ・大宴会場の大空間の上に客室階が重層する構成のため、1~7階を柱CFT造・梁S造、8階以上を柱・梁S造とし、8階までを純ラーメン構造、9階以上を235N/mm2のアンボンドブレース付きラーメン構造としています。
ホテルのインテリアは、スタイリッシュでモダンなデザインとし、ベージュ・茶・黒のシックな色合いと親しみのある素材により上質な空間づくりを目指しています。
ミラマーレとは、イタリア語のミラ=眺めると、マーレ=海、の造語ですが、最上階スカイバンケットより、東京湾が眺められることからネーミングされたものです。

石田 隆英

実績に関するお問い合わせ