宿泊・福利厚生施設

ラビスタ釧路川

ラビスタ釧路川

概要

所在地 北海道釧路市
発注者 太平洋建設工業
設計 戸田建設
竣工年 2007年
工事概要 新築 RC造 13/0 延7,580m2

特徴

道東の中心都市、釧路市のシンボルである幣舞橋のたもとに建つホテルです。
最上階に温泉大浴場を配置し、リゾート感覚を取り入れた計画となっています。また、地震群発地域の為に免震構造を採用しており、快適性と安全性を両立させた施設となっています。

設計者のコメント

釧路湿原、知床のある道東の中心都市釧路にふさわしい、リゾート感覚を取り入れた新しいタイプのビジネスホテルを目指しました。
245室の客室と、天然温泉大浴場、レストランを併設しており、客室は、シングル、ファミリータイプのほかに、露天風呂付特別室を最上階に設けています。
ファザード計画は、釧路の未来に希望を込めて力強いデザインとしています。また、対岸にあるNHKカメラからの見え方を重視し、建物上部にリゾート感覚を呼び起こすデザインを取り入れています。
外構計画では、釧路河畔の公園と連続性を意識して、1階の川側に面するレストラン全面に温泉足湯のあるオープンデッキを設け、市民が集える外部空間としています。
このホテルが地域の人たちに愛され、街全体の活性化の源となることを願っています。

山島 勝

実績に関するお問い合わせ

関連情報

免震構造は建物に入力する地震力を低減するために、建物と地盤の縁を切り、その間にやわらかい支承を配置した構造です。弾性すべり支承や剛すべり支承を組み合わせて、長周期地震や微振動にも対応できます。