明石海峡大橋2P下部

概要

所在地 兵庫県神戸市
発注者 本州四国連絡橋公団
竣工年 1992年
工事概要 海底掘削107,000m3、鋼ケーソン径80m×H65m
主塔アンカーフレーム(200t×2基) (JV)

特徴

明石海峡の舞子浜より約1kmの沖合の海域における、水深42~60mでの作業でした。
水中コンクリート打設するためにプラント船を係留し、補給なしに3昼夜連続で約9,000m3を打設しました。
平成9年度土木学会賞田中賞受賞。

実績に関するお問い合わせ

関連情報

ソリューション