六本木ヒルズレジデンスAB

概要

所在地 東京都港区
発注者 六本木六丁目地区市街地再開発組合
竣工年 2003年
工事概要 新築 S造 43/2 延73,854m2 (JV)

特徴

六本木ヒルズの名称で親しまれる、日本最大規模(面積11.6ha)の市街地再開発事業です。ホテル・シネマ・オフィス・放送センター・集合住宅などで構成される施設の中で、当社は地権者の住宅2棟を担当しました。2棟のうち、1棟は高さ159mの超高層集合住宅です。

実績に関するお問い合わせ

関連情報

TO-CFTシステムは一般的なCFT構造に、鋼管内部に高強度鉄筋を挿入して耐力・靭性を向上させるSuperCFT構造や耐火被覆低減技術を統合した構造システムです。

戸田建設には騒音や遮音に関する予測技術、対策技術、検証技術など、戸田建設の持つ様々な「静かな暮らしを支える技術」があります。

超高層の集合住宅を支える柱に、通常の2倍から5倍の設計基準強度Fc150~200N/mm2を使用します。これにより、200mを超える70階の集合住宅を建設することが可能です。