事務所・庁舎

栃木県庁行政棟

栃木県庁行政棟

概要

所在地 栃木県宇都宮市
発注者 栃木県
竣工年 2007年
工事概要 新築 S造 15/2 延55,913m2 (JV)

特徴

低層部に5層吹抜けの県民ロビー、高層部に外部吹抜け空間である光庭を持つ新庁舎の建設工事です。外装のカーテンウォールには自然換気システムが採用され、外周給気口から取り入れた外気を中央吹抜け空間から排出する仕組みになっています。また、制震構造として、オイルダンパー及び制震ブレースが設置されています。仕上げ材には県産品が使用され憩いの場を演出しています。旧庁舎は曳き屋の後、昭和館として保存され、新庁舎と共に歴史を刻んでいます。

実績に関するお問い合わせ

関連情報

TO-CFTシステムは一般的なCFT構造に、鋼管内部に高強度鉄筋を挿入して耐力・靭性を向上させるSuperCFT構造や耐火被覆低減技術を統合した構造システムです。

戸田建設には騒音や遮音に関する予測技術、対策技術、検証技術など、戸田建設の持つ様々な「静かな暮らしを支える技術」があります。

建物の計画段階から室内の音環境を体感できるシステムです。お客様のニーズに応じたあらゆる遮音構造や内装仕様の音をその場で確認できます。