上下水道施設

瀬谷飯田雨水幹線整備

瀬谷飯田雨水幹線整備

概要

所在地 神奈川県横浜市
発注者 横浜市環境創造局
竣工年 2006年
工事概要 泥土圧式推進工 施工延長194.5m 内径3,500mm

特徴

横浜市南西部の境川沿い低地区の浸水解消を目的とした下水道整備の一環として内径3,500mm、延長194.5mの下水道幹線を整備する工事です。
管渠を築造するにあたり経済性を考慮し、日本初の超大口径推進工法にて施工しました。
(株)日本下水道管渠推進技術協会黒瀬賞受賞。

実績に関するお問い合わせ

関連情報

ソリューション

アンカー材と受け部材から構成される、軸方向ワンタッチ挿入が可能なシールドセグメント用リング間継手です。

内径Φ3,000mmを超える超大口径管を分割し運搬、施工現場での組立とすることで、工期短縮・低コストを実現した推進工法です。