2007年4月11日

戸田建設(株)(社長:加藤久郎)は、伊藤忠テクノソリューションズ(株)(略称:CTC、社長:奥田陽一)の協力のもと、全国の建設現場へ「緊急地震速報」の情報をもとに警報を発信するシステム「現場地震速報ユレキテル」を開発しました。

戸田建設が今回開発した「現場地震速報ユレキテル」は、気象庁が提供している「緊急地震速報」の情報と全国の建設現場の所在地データを瞬時に照合、戸田建設社内のイントラネットを通じて被害の予想される建設現場に対し、地震が到達する数秒から数十秒前に揺れの強さや到達予測時間を配信、速やかに警報を発信するシステムです。

戸田建設では、2006年7月から「緊急地震速報」を一部の建設現場に導入し有効性を検証しておりましたが、地震発生時に建設作業員の安全を確保し災害復旧活動に役立てることが十分可能であると判断しました。そこで今回CTCの協力のもと、全国の建設現場や施設へ警報を発信するシステムを開発しました。こうした仕組みを全国の建設現場へ展開するのは、ゼネコンとして初めてのこととなります。

なお、気象庁の「緊急地震速報」のデータは、CTCのデータセンターにて運用・管理されている(株)ANET(アネット、社長:小髙俊一)の配信サーバーより提供されており、当システム側へは専用線で接続された現場地震速報サーバーにてデータの受信を行ないシステムの一元管理をしています。また、建設現場に設置する情報端末には、(株)パトライト(社長:河瀬浩)の緊急地震速報表示端末を採用しています。

今後戸田建設では、「現場地震速報ユレキテル」を事業継続マネジメント(BCM)のツールとして活用し減災に役立てると同時に、お客様の復旧支援につなげる方針です。また、このシステムのノウハウを活用して,緊急地震速報を含む耐震ソリューションを通じてお客様へ安心と安全をご提供します。

一方CTCでは、幅広い業種・業界に対して「緊急地震速報」を用いた警報システムの構築など、地震防災に関するコンサルティングサービスとの連携を含め今後積極的に展開する方針です。


■システム構成図

システム構成図


以上