建築施工 担当する現場に責任を持ち、工事を確実に進めていく。 建築施工 担当する現場に責任を持ち、工事を確実に進めていく。

02
H.T(2012年入社)
横浜支店 建築工事部工事1室工学部 建築学科 卒

PERSONAL CHART

入社後に手に入れた専門知識・技術

施工管理は、何百人という作業員の皆さんを動かすことも仕事です。コミュニケーション力、交渉力、対応力は欠かせません。壁にぶつかることも多々ありますが、一歩一歩進んでいくのみです。

入社以来、建築工事部に所属し、現場の施工管理を行っています。学校の校舎にはじまり、研究施設、病院、工場など、これまでにさまざまな建物の施工に携わってきました。協力会社と打合せを行い、担当する工事の施工方法や工程を確認、責任を持って作業員の皆さんを動かしていきます。

その後は進捗をチェックしながら工期を管理。工事を進めるにあたっては、安全や衛生に関する各種の申請書類を役所などに提出する必要があるのですが、こうした業務も私たち施工管理社員の大切な仕事です。現場での危険予知能力を磨き、どうすれば作業員の皆さんが安全に、無駄なく、無理なく、気持ち良く働くことができるのか。私たちの段取りが、現場の士気に大きく影響します。

また、施工管理は戸田建設の品質を支える最後の砦です。入社して6年経ち、建物が出来上がるまでの工程をある程度把握できるようになり、施工図などの図面もより細かく見ることができるようになりました。とはいえ、施工管理としてはまだまだ入口。奥の深い仕事です。

CAREER STEP

2012 2012
学校の校舎の建築現場に携わりました。
所長を中心とした現場の工夫で、作業員の皆さんの士気の高い現場でした。
2013 2013
初めて鉄骨造の建物に挑戦。サッシや建具の取り付けも良い勉強になりました。
また、建設中の建物の屋上から見る夜景の美しさが印象に残っています。
2015 2015
転勤で東北・福島へ。関東の現場とは異なる考え方、やり方、作業員の皆さんの雰囲気を直に学ぶことができ、社内の人脈も広がりました。

助けてくれる先輩や作業員の方々が数多くいる。 助けてくれる先輩や作業員の方々が数多くいる。

入社1年目の失敗は、今でも忘れないようにしています。初めて配属になった現場でのこと。“コンクリート打設”という施工工程の中でも一つの節目となるような大切な作業を行う日があるのですが、そのコンクリート打設に必要なポンプ車の手配が完了していないことが打設の前夜に発覚したのです。完全に私の確認ミス。お願いする予定だった会社のポンプ車はすでに全部出払ってしまい、1年目の私にはもうどうすることもできませんでした。

その時は当時の上司が自らのネットワークを頼りに別のポンプ車を見つけ出し、なんとか翌日のコンクリート打設を行なうことが出来ましたが、もし手配が間に合わなかったら、その後の工程にも大きな影響を与える問題に発展していたと思います。「確認する、メモを取るといった基本を徹底しよう」と胸に刻んだ出来事でした。そして同時に、周囲の先輩たちの優しさ、頼もしさを実感しました。施工管理の仕事は現場での急な対応を求められることも多く、若手の頃はどうしてもうまくいかないこともあります。しかし、戸田建設の現場には助けてくれる先輩や作業員の皆さんたちが数多くいる。どんなピンチもみんなの力で乗り越える雰囲気があります。

現場の士気を高めることも大切な仕事。 現場の士気を高めることも大切な仕事。

こうした現場の一体感をつくりだすことも施工管理の役目です。とくに所長や副所長の人柄、言動によって現場の士気は大きく変わります。1年目に私が携わった現場では、毎週のようにバーベキューを行っていました。雨が降ってもバーベキュー。「どうしてこんなにやるんだろう」と最初は疑問に思っていましたが、やはり体力仕事の作業員の皆さんが喜ぶんですよね。仕事とは違う話題で盛り上がり、仕事では見せない笑顔を見せてくれる。

当然、翌日以降の仕事にも良い影響をもたらします。「いつかは私も…」と思いますが、まずはとにかく目の前の現場一つひとつと真剣に向き合うことから。さらに、仕事をしながら一級建築士の資格も取得しなければならないので、まだまだ勉強の日々が続きます。

※所属部署・役職は取材当時のものになります。

一人ひとりの成長で、チームはもっと強くなる。 一人ひとりの成長で、チームはもっと強くなる。

HOLIDAY

現場が終わると異動休暇を取得できるため、休日に有給休暇をつけて海外旅行に出かけることも。先日も母親と一緒に4泊5日でイタリアに遊びに行ってきました。こうした連休が取れると思うと日々の仕事のモチベーションも上がりますね。