建築設備 建物に機能を与え、命を吹き込む。 建築設備 建物に機能を与え、命を吹き込む。

03
M.S(2005年入社)
東京支店 建築設備部設備2課 主任電気電子工学科 卒

PERSONAL CHART

入社後に手に入れた専門知識・技術

設備施工の仕事は、協力会社だけでなく、お客様や設計者ともやり取りすることが多いので、交渉力も含めたコミュニケーション能力は大事ですね。あとは、忍耐力さえあれば(笑)、専門知識などは後から付いてくると思います。

私が所属する建築設備部では、建物の水回りなどの「衛生設備」や「空調設備」、そして「電気設備」といった、建物の機能に関わるあらゆる設備の工事を担っています。そのなかで私は、照明やコンセント、放送、インターネット、そして自動火災報知設備など、電気に関わるすべての設備を設置する工事の施工管理を担当しています。

お客様の要望に沿って設計者が描いた図面をもとに、設備の仕様や施工内容を決め、実際の現場で協力会社や専門業者の方を率いて工事を進めていくのが私の仕事。建物の電気に関するすべてを担うため、扱う領域も幅広く、大きな責任とやりがいを感じられる仕事です。電力会社から電気が送られてきて、初めて建物に電気が灯る「受電」の瞬間は、プロジェクトの節目であり、積み重ねてきた苦労が実を結ぶ瞬間。

多くの人が力を尽くして建物に命を吹き込んでいく過程には、特別な感動がありますね。戸田建設で扱う工事には、大規模なマンションやオフィスビルだけでなく、病院や学校、大学キャンパスなど、地域に欠かせない建物が多くあります。ひとつひとつの現場で大きな使命感を感じながら仕事に取り組み、地域や社会に貢献できるのは、この仕事の魅力だと思います。

CAREER STEP

2005 2005
入社後、最初の1年間は建築現場で、建築の仕事の基本や、社会人としての基礎を習得。2年目は設計部門で、設備設計の仕事の基本を学びました。
2008 2008
大規模病院を運営しながらの改修工事に従事。約5年間現場に常駐し、工事の始まりから建物の引き渡しまで、一貫して関われたことで技術力と自信をつけることができました。
2017 2017
再開発物件の大規模マンションの現場を経て、主任に昇格。部下の仕事にも目を配りながら、チームとしての責任を背負って仕事に取り組むようになりました。
FUTURE FUTURE
将来的には、もっともっと経験を積んで、歴史に残るような大きな建物や、大きなプロジェクトに関わってみたいと思っています。

入社4年目で任された難工事への挑戦。 入社4年目で任された難工事への挑戦。

入社4年目で担当した、800床を超える大規模病院の改修工事は、自分を大きく成長させてくれた現場です。地域の医療を担う公立病院だったこともあり、病院機能を止めることなくあらゆる設備を刷新しなければならず、約5年を要する一大プロジェクトでした。病院の敷地内に仮設の建物を作り、そこに改修部分の機能を一時的に移しながら、空いた箇所の工事を行い、それが終われば、また別の箇所を仮設に移して、改修工事をする。その繰り返しで少しずつ改修を進めていく工事でしたが、工事中であっても手術室や放射線機器、ICUなどが通常通り稼働しているため、万が一誤って電気を止めてしまえば、人命に関わる事故につながりかねません。

また、改修後も、例えば電子レンジと電気ポットを同時に使って電気を止めてしまうことなどがないよう、細やかな配慮をしながら、設計や計画段階で何度もシミュレーションを重ね、慎重にリスク管理をして工事を進めていきました。上司にフォローしてもらいながらも、この現場に常駐している電気の設備担当は私一人。多くの制約と、ミスが許されないプレッシャーと戦いながらも、無事に工事を終えたときは、大きな達成感とともに、仕事に対する自信を手に入れることができました。

現場で鍛えられる、どの会社にも負けないという自信。 現場で鍛えられる、どの会社にも負けないという自信。

若いうちから大きな仕事を任せてくれるのは、戸田建設の社風だと思います。私も、病院の改修工事の後、1,000戸を超える大規模マンションの現場や大学キャンパスの工事なども経験させてもらいました。特に病院は、電気を使う特殊な設備も多いので、他の現場にはない貴重な経験を積むことができました。

何かあった時には上司が責任をとってくれながら、若いうちからどんどん難しい仕事を任されて鍛えられているので、技術的な面ではどのゼネコンにも負けるとは思っていません。ふと周りを見渡せば、部下もいて、中堅を少し超えたポジションにいるので、今度は私がきちんと責任を持ちながら、若手に仕事を任せる立場になってきました。私は私で、自分の仕事に結果を出しながらも、今後は意欲のある後輩たちと大きな仕事を成し遂げていきたいと思っています。

※所属部署・役職は取材当時のものになります。

一人ひとりの成長で、チームはもっと強くなる。 一人ひとりの成長で、チームはもっと強くなる。

HOLIDAY

大学までやっていたラグビーを、現在もクラブチームで続けています。怪我をすることも良くありますが、皆さんに大目にみてもらいながら、大いにストレスを発散しています。