開発計画 人と人をつなぎ、ひとつのものを作り上げていく。 開発計画 人と人をつなぎ、ひとつのものを作り上げていく。

07
K.Y(2012年入社)
本社 開発計画部開発計画1課工学研究科 建築学専攻 修了

PERSONAL CHART

入社後に手に入れた専門知識・技術

開発の仕事は、全体を巻き込み、引っ張っていくリーダーシップが求められます。と、同時にそれぞれの意見を調整したり、交渉したりする細やかさも欠かせません。入社時からどの項目も少しずつスキルアップしていると思います。

開発計画部は営業部門に属し、計画業務を担当する部署です。案件に携わるケースは大きく2つあり、1つ目は民間の土地や公有地の有効活用における企画提案業務です。たとえば、ある法人様から“新しいオフィスビルを建設したい”といった要望を営業がキャッチしたら、その土地に最適な建築プランを提案し、当社の新規プロジェクトとして受注につなげます。

もう1つは都市計画事業を含めた事業コンペの企画提案からの事業推進業務です。官公庁の宿舎跡地などが売りに出される際、お客様と協力して、まちづくりにも貢献するような事業計画を立案し、提案。私たちのグループが落札できたら事業推進の旗振り役も私たちが務めます。どちらのケースでも依頼者の真の要望を引き出すとともに、周辺環境の状況や市場ニーズを勘案して提案を行うことが大切です。

さらに、案件によっては土地探しからお手伝いしたり、将来の事業収支の作成まで開発計画部で行います。この仕事の魅力は、プロジェクトの初期段階から“ものづくりのハブ(中心)”として事業全体に携われること。当社の設計部門や工事部門はもちろん、依頼者となる経営者や行政担当者、協業するデベロッパーの方々の間に立ち、情報と情報、人と人をつなぎ、ひとつのものを作り上げていく醍醐味を得ることができます。

CAREER STEP

2012 2012
1年目は工事現場で施工管理を経験。先輩からの「仕事は現場でしなさい」という一言は、仕事と向き合う私の姿勢を大きく変えました。
2013 2013
入社2年目の冬に一級建築士試験に合格。計画業務に必須の資格だったこともあり、ここから技術者としてのスタートを切った感じです。
2016 2016
現在も従事している大病院のプロジェクトに参加。事業推進の中心メンバーの一人として、全体を俯瞰しながら課題の調整を図っています。
FUTURE FUTURE
一日も早く一人前の事業コーディネーターに。技術士、再開発プランナーの資格も取得し、より周囲から信頼される存在になりたいと思います。

常に向上心を持って、学び続ける姿勢が大切。 常に向上心を持って、学び続ける姿勢が大切。

とくに印象に残っている案件は、入社2年目の時に企画提案と用地取得で携わった計画です。この部署に配属されて最初の仕事だったのですが、無事に受注し、4年の時を経て先月竣工を迎えました。見学会に伺い、完成した建物を見た際は大きな充実感に包まれました。私たちの携わる案件はまだ事業としてスタートを切っていない検討段階のものが多く、事業化まで5年、10年と長期にわたるプロジェクトもあります。それだけに、お客様の事業化の初期段階から関わり、ともに年月を重ね、無事に形になった姿を見ると感慨深い気持ちになります。

また、この仕事では社会の状況や市場ニーズ、事業や建築に関する法令などを的確に判断し、計画することが要求されるため、常に向上心を持って学び続けなければなりません。建築の専門知識だけでなく、土地やまちづくりに関する知識も必要です。学生時代よりも勉強しているかもしれません。さらに、法令などは毎年のように変わりますし、プロジェクトによって建てる土地も異なります。常にアンテナを張り、変化に柔軟に対応する力が求められます。

知識を活かす上でも、若いうちから経験が必要。 知識を活かす上でも、若いうちから経験が必要。

戸田建設の魅力のひとつは、若いうちから仕事を任せてくれる風土です。開発計画部の仕事は知識も大切ですが、やはり実際の仕事を通じて得た幅広い経験があってこそ。上司や先輩に相談しやすい環境のなかで、そうしたキャリアが積めるのはありがたいと感じています。

今後はさらなる経験と知識を蓄えることで、一日も早く一人前の事業コーディネーターになり、技術士や再開発プランナーといった都市計画に関わる資格も取得しながら、より周囲の人たちからの信頼を得て事業推進を図っていきたいです。近い将来、関わる組織も人も多く、調整事項も複雑な再開発案件なども自らが推進役となり、ひも解いてみたいです。

※所属部署・役職は取材当時のものになります。

一人ひとりの成長で、チームはもっと強くなる。 一人ひとりの成長で、チームはもっと強くなる。

HOLIDAY

休日は家族や友人とカメラ片手にドライブに出かけ、自然の中で、風景や生き物をカメラに収めています。普段経験できないことを通じてリフレッシュし、メリハリある生活を心がけています。