土木施工 人に鍛えられ、現場に育てられる仕事。 土木施工 人に鍛えられ、現場に育てられる仕事。

10
C.N(2015年入社)
関東支店 土木工事部工事室理工学部 土木工学科 卒

PERSONAL CHART

入社後に手に入れた専門知識・技術

現場では、色々な人がいて、色々なことが起きるので、臨機応変に対応できる柔軟性が必要です。せっかちな作業員の方も多いのでスピードも大切(笑)。そして、すべての土台にあるのがコミュニケーション。専門知識は、入社後徐々に身に付けました。

私は現在入社3年目で、土木工事の施工管理を担当しています。ひとくちに施工管理と言ってもその内容はさまざまで、作業員の方への指示はもちろん、図面を元にした測量、工事が図面通りに出来ているかを確認する出来形管理、工種ごとに写真に撮って記録する写真管理、さらに、必要な資材の発注や書類作成まで、工期を守りながらいかに工事の質を高めるか、日々現場を忙しく走り回っています。

工事は、後戻りができません。何か起きてからでは遅いので、つねに周囲とのコミュニケーションが不可欠です。入社当初は道具の名前すら分からず、なかなか質問できずにいましたが、先輩から「自分で調べるのも大切だけど、作業員の方に聞いたほうがコミュニケーションのきっかけになるよ」と教わってから、積極的に話しかけるようにしています。今では作業員の方から色々なことを相談してもらえるようになり、現場での成長を実感しています。

そうして日々取り組んだ仕事が、足場や仮設を外して真新しい構造物として姿を現したときは、本当に感動的で、大きな達成感に包まれます。そして、工事には、必ず竣工という終りがあるのも魅力だと思います。同じ現場は存在しないので、また新しい気持ちで次の現場に向かうことができますね。

CAREER STEP

2015 2015
最初に配属されたのは土地の造成工事の現場。作業員の方たちとどうコミュニケーションを図るべきか、現場監督としての基本を学びました。
2016 2016
下水処理場の建設工事の現場で、着工から竣工まで、すべての工程を経験。工事の手順や日々の業務のあり方など、反省点も含め、多くのことを学びました。
2017 2017
ゴミ焼却場の解体現場に配属予定。作る仕事から一転、今度はコンクリート構造物を壊す現場で、どんどん新しい経験を積んでいきたいと思います。
FUTURE FUTURE
将来的には、やはり作業所長をめざしたいです。そのための第一歩として、まずは2018年に受験予定の一級土木施工管理の資格取得が目標です。

建物をつくるために、職人との信頼関係をつくる。 建物をつくるために、職人との信頼関係をつくる。

現場の経験はまだ多くはありませんが、1年目の秋から2年間従事した下水処理場の建設現場で、作業員の方たちに「君はいつも現場にいるから助かる」と言われたことが印象に残っています。その前の現場での先輩のアドバイスもあり、私は作業員の方たちと積極的にコミュニケーションをとるように心がけていました。朝の挨拶やすれ違った時の声かけはもちろん、「鉄筋屋さん」「土工さん」という職種で呼ぶのではなく、できる限りその人の名前で呼ぶようにしたりして、少しずつ質問や相談をしあえる関係を作っていきました。

私は写真管理や測量のために1日のほとんどを現場に出ていたので、iPadを常備して、作業員の方たちに寸法や図面のことを聞かれたらすぐ示せるようにして、作業を止めずに施工できるようにするなど、そういう積み重ねも認めてもらえて、「助かる」と言ってもらえたことが嬉しかったですね。また、この現場では、着工前の準備からすべての工事、竣工、そして最後の片付けまで、工事のすべての過程を経験することができました。その中で、もっと仕事の効率を上げていかなければという反省点もあり、自分の成長にとっても非常に意義のある現場となりました。

風通しの良い環境で、作業所長をめざしたい。 風通しの良い環境で、作業所長をめざしたい。

私が戸田建設に入社を決めた理由は、大きく二つ。ひとつは、社員の気さくな人柄です。面接でも「ゆっくりでいいよ」「落ち着いてもう一回話してみよう」と、私の緊張をほぐしながら話を聞いてくれました。入社後も社員同士の距離の近さが、社内の風通しの良さにもつながっていると感じます。二つ目は、土木施工管理でも、将来、技術開発や設計といった道を選べること。

将来的に色々な選択肢を持ちながら、さまざまな部門に対応できる幅広い知識を身につけて、広い視野を持った作業所長をめざしていきたいと思っています。現場では女性だからという特別扱いはせず、しかし女性としてとても気を使ってくれますし、今後、結婚や出産があってもずっと働き続けられる環境だと思います。

※所属部署・役職は取材当時のものになります。

一人ひとりの成長で、チームはもっと強くなる。 一人ひとりの成長で、チームはもっと強くなる。

HOLIDAY

基本的にアウトドア派なので、休日は友人らと出かけることが多いです。ウィンタースポーツが好きで冬は月1〜2回ペースでゲレンデへ。会社のスキー部にも所属していて、普段の職場とは違う社内の方々と一緒に活動し時々大会にも出場します。オフも楽しめる会社だと思います。