PERSONALITY 建築系の人材育成 PERSONALITY 建築系の人材育成

入社10年後には、一人前の技術者に育てる。 入社10年後には、一人前の技術者に育てる。

当社は、社員の能力を高めるべく入社後10年間を人材育成上重要な期間と位置づけています。特に、建築施工系社員の育成には力を入れており、OJTとは別に、入社後10年間の内、実質2年間以上(※選抜型の「社内留学」「作業所長研修」に参加した場合)を研修(OFF-JT)に充てています。社員の成長の各段階に合わせて、専門知識、技術を修得する場を設け、日常業務(現場)から離れた集合研修とすることで、より計画的に、そして、効果的にレベルアップを促すプログラムとなっております。教育専門誌に掲載されるなど、社外からも注目されています。

社内留学制度 社内留学制度

全国の中堅社員(主に7〜10年目以降)の中から毎年10名程度を選抜し、本社 建築工事技術部で1年間の実務研修を行います。この制度は1974年以来継続的に実施しており。講義・演習・実施などを通じて建築施工技術・知識や、日々進歩する建築技術全般への対応能力や現場技術者の指導力などを修得することにより、当人のみならず他の社員の技術水準の向上にも影響を与えられるような、将来的に技術力の核となり得る社員を育成することを目的としています。

  • ※具体的には、工程計画や各種専門技術の演習、仮設構造計算、施工図作成、建物診断等の演習を行い、最後に各自がその成果を発表します。

若手社員フォロー 若手社員フォロー

新入社員や若手社員のほとんどは、専門用語など分からないことばかりです。特に新入社員は仕事経験が少ないため、最初は戸惑いを感じるものですが、心配ありません。当社では、OJTのほか、全国の作業所をベテラン社員が指導員として巡回し、それぞれの作業所に約1週間滞在して若手社員と共に行動しながら、技術だけでなく仕事への取り組み方などについても指導やフォローを行います。

新入社員教育(17ヶ月) 新入社員教育(17ヶ月)

建設施工系の新入社員教育(2017年度より実施)では、入社から17ヶ月にわたり作業所実習や本社・支社での集合教育(施工図・積算・技術他)を行います。多様な現場を経験してきた社員を講師として、実習形式や座学、自己学習をバランスよく織り交ぜながら建設施工の基本を学びます。

資格取得支援 資格取得支援

一級建築士は建築技術系社員にとって、特に欠かせない資格。支援策として、資格取得専門学校とタイアップし、受験者への情報提供や試験前の受験者を集めて対策講義を行う等、会社全体で資格取得のためのバックアップをしています。また、合格時の学費補助(一部)、祝金支給等、資金面の援助も行っています。

戸田建設が推奨する取得資格の例 戸田建設が推奨する取得資格の例

  • 一級建築士
  • 技術士
  • 一級建築施工管理技士
  • 一級管工事施工管理技士
  • 一級電気工事施工管理技士
  • 一級土木施工管理技士
  • 建築設備士
  • 電気主任技術者
  • 消防設備士
  • コンクリート主任技士
  • VEリーダー

建築系の育成モデルケース 建築系の育成モデルケース

※プログラムは現時点のものであり、改善等によって変更する場合があります。