KYOBASHI ART WALL 2021 ここから未来をはじめよう 第1回作品募集期間 2021年11月1日(月)-12月24日(金)※12月24日(金)17:00までKYOBASHI ART WALL 2021 ここから未来をはじめよう 第1回作品募集期間 2021年11月1日(月)-12月24日(金)※12月24日(金)17:00まで

KYOBASHI ART WALLは、東京・京橋にある2つの現代アートギャラリーが2021年にスタートしたプロジェクト「TOKYO CONTEMPORARY KYOBASHI」と2024年オープンの「(仮称)新TODA BUILDING」(以下、「新TODAビル」)でアート事業を新たに展開する戸田建設株式会社とで始動した、新進アーティストの支援プロジェクトです。2024年、新たな芸術文化の拠点として生まれ変わる新TODAビルのオープンに向けて、半年に1回(全4回)アート作品を募集し、公募展を開催していきます。その第1回作品募集を2021年11月より開始します。
優秀作品は、新TODAビル建設中の仮囲での作品ビジュアルの掲出を皮切りに、TOKYO CONTEMPORARY KYOBASHIが主宰するギャラリーでの展示、そして2024年の新TODAビルのオープンに合わせて、歴代の優秀作品の展示を行います。

ここから未来をはじめよう

京橋は、江戸の頃、京へ向かう東海道の旅路で最初に渡る橋として、その名がつきました。そして、TOKYO CONTEMPORARY KYOBASHIの発足、戸田建設株式会社の2024年に向けた新たなアート事業のはじまり等、今日も様々なはじまりがある場所です。未来へ向かうはじまりの場所であったこの場所から、自分自身の未来を見通すアート表現を発信してください。

  • 仮囲では、本公募期間中、京橋地域の往時の姿を地図や写真等で紹介します。

募集要項

名称

「KYOBASHI ART WALL -ここから未来をはじめよう」第1回作品募集

募集期間

2021年11月1日(月)~12月24日(金)※17:00必着

応募資格

応募資格
個人またはグループ。何作品でも応募できます。
作品規定
  • 平面作品(デジタル作品も可)
  • サイズ:530×530mm~1,167×1,167mm
    • ただし、新TODAビル建設中の仮囲に掲出する際は、大判シート(最大 縦3m、5m2)に拡大印刷します。
  • 未発表の作品であること
  • 作品の著作権を応募者が有すること
  • 入選後、新TODAビル建設中の仮囲への掲出・展覧会への出品・新TODAビルでの展示が可能なもの
参加費用
無料

支援内容

優秀作品(2点)

  • 賞金25万円(作品買い上げ)
  • 新TODAビル建設中の仮囲に作品の印刷物を掲示
  • TOKYO CONTEMPORARY KYOBASHIが主宰するギャラリー(四季彩舎)にて展覧会開催
  • 新TODAビルでの歴代優秀作品展示
  • その他展覧会、グループ展への参加等活動支援

奨励賞(複数点)

  • 展覧会、グループ展への参加等活動支援

展示場所・期間

(仮称)新TODA BUILDING 建設中仮囲

東京都中央区京橋1-7-1

展示期間:
2022年2月21日(月)~2023年11月(予定)

四季彩舎

東京都中央区京橋2-11-9 2F

展示期間:
2022年9月1日(木)~2022年9月10日(土)12:00~18:30 ※9月4日(日)は除く

(仮称)新TODA BUILDING

東京都中央区京橋1-7-1

展示期間:
2024年竣工後(予定)

応募方法

下記の応募必要データ一式をzip形式に圧縮し、
メール添付にて12月24日(金)17:00までに送信してください。

  • 書類・作品本体の郵送受付は出来ません。
件名:
KYOBASHI ART WALL_2021エントリー_【応募者氏名】
応募用紙
応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、PDFデータで提出してください。
作品画像
「詳細が分かる鮮明なもの」を2点まで添付してください。
・データ形式
JPEG
・データ名
「応募者氏名(作品名)」
※ 2点送付される場合はデータ名の末尾に1、2を
付けて下さい。
例)京橋太郎(花)1.jpeg
・データサイズ
20MB以内
  • 作品画像は公募審査の目的にのみ使用し、審査終了後はデータを破棄致します。

審査員

小山 登美夫
小山登美夫ギャラリー代表
笠原 美智子
公益財団法人石橋財団 アーティゾン美術館副館長
石井 信
TOKYO CONTEMPORARY KYOBASHI主宰、
四季彩舎代表
吉野 智彦
TOKYO CONTEMPORARY KYOBASHI主宰、TOMOHIKO YOSHINO GALLERY代表

戸田建設株式会社

京橋プロジェクト推進部

招待作家

公募展の開催に先駆けて、TOKYO CONTEMPORARY KYOBASHIによる招待作家の作品を新TODAビル建設中仮囲と四季彩舎で展示します。

  • 新TODAビル仮囲:2021年11月1日(月)~2023年11月(予定)
  • 四季彩舎:2022年2月17日(木)~2月26日(土)※2月20日(日)は除く

瀬戸 優

1994年神奈川県生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科卒業、東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。2018年、20年の四季彩舎(東京)での個展をはじめ、グループ展、アートフェアなど出展多数。

展示作品について

自然科学を考察し「彫刻表現における自然科学との融合性」をテーマとし、野生動物をモチーフとしたテラコッタ(素焼きの土器) による実物大の彫刻作品を制作している。
本作でも生命感を最大限に引き出すための造形を模索し、彫刻の素材であるテラコッタには触覚や軌跡をダイレクトに表面にあらわしている。

《水源-ウサギ-》
制作年:2021年|
素材:テラコッタ、彩色、玉眼|
サイズ:H30×W16×D40cm

メッセージ

近年の急速なテクノロジーの進歩、SNSなどのネットワークの普及、コロナウイルスの蔓延など、我々を取り巻く環境は大きく変わってきました。
発信の方法がネット中心になる中、作家にとっては、直接の鑑賞から得られる熱量や質量、質感は大変重要です。膨大な情報に流されない、モノの本質を見抜く「目」を鍛えられたらと思います。

yutaokuda

1987年愛知県生まれ。Istituto Marangoni(ロンドン)ファッションデザインコース 卒業。2012~16年、ファッションブランドTAKEO KIKUCHIにてデザイナーとして勤務。退社後、アーティスト「yutaokuda」として活動開始。現在は、個展やアートフェアなど国内外問わず積極的に作品を発表し続けている。

展示作品について

当たり前だと思っていたことが、特別な出来事だったと気付き、感謝を作品にしたいと思いからʼwithgratitudeʼというテーマで「花」を描いている。本作では、中央区の色であるコバルトブルーを背景にし、色とりどりの花は街中にアートが芽吹く京橋の様子を表現した。墨のにじみや、 アクリル絵の具の混ざり具合から 偶然に生まれた凹凸の中からアウトラインを抽出し、生き物や花を形取っている。

《Abstract Bouquet(Cobalt Blue x Red)》
制作年:2021年|
素材:キャンバスにアクリル、顔料インク|
サイズ:H91×W91cm

メッセージ

このコンペティションでは受賞者に対して、いくつもの副賞が用意されていて、そのどれもがより多くの人々に作品を見てもらい、ファンになってもらう良い機会になるかと思います。このコロナ渦で私たち作家は展示する場所もかなり制限され、難しい条件下での活動が続いていますが、逆境をバネにこの時代を作品と共に乗り越えていきましょう。

スケジュール

2021年11月1日(月)
募集開始/新TODAビル建設中仮囲に
招待作家作品を掲示
2021年12月24日(金)17:00
募集締め切り
2022年2月
審査結果発表
2022年2月21日(月)~
新TODAビル建設中仮囲に優秀作品を掲示
2022年9月2日(木)~9月10日(土)
四季彩舎ギャラリーにて展覧会開催
2024年竣工後
新TODAビルにて作品展示

その他

審査結果通知

審査結果は、結果に関わらず個別にメール通知いたします。

入選の場合

1)優秀作品の送付について

仮囲面への掲出に伴う作品の写真撮影のため、2022年1月26日(水)までにKYOBASHI ART WALL事務局に作品をお送りいただきます。(デジタル作品の場合は、作品データをお送りいただきます。)
作品の輸送にかかる経費は原則主催者負担とし、輸送方法については主催者と協議の上決定します。

2)四季彩舎ギャラリーでの展覧会開催について

審査結果通知後、主催者より展覧会開催に関わる詳細のご連絡を致します。

3)新TODAビルでの作品展示について

審査結果通知後、主催者より作品展示に関わる詳細のご連絡を致します。

権利規定及び応募に関する諸注意

1)著作権について

応募作品の著作権は作家に帰属します。なお、作家は仮囲への掲出の他、各種印刷物、ホームページ、SNSなど本プロジェクトに関わる広報および公式記録の目的で、主催者が撮影した写真や映像を使用することを許諾するものとします。

2)個人情報の取り扱い

取得した個人情報は、応募作品の受付や問い合わせ、審査の結果通知、作品の返却、その他、公募開催にあたって必要と思われる事項、および次回以降の案内をするために利用させていただきます。入選者の氏名、年齢、経歴、作品画像は入選者と確認の上、各種印刷物、ホームページ等に掲載、およびマスコミで公表させていただきます。原則として、法令の規定に基づく場合を除き、ご本人の承諾なしに、それ以外の目的で個人情報を利用または第三者に提供することはいたしません。

3)その他

応募作品が第三者の著作権ならびに知的財産権を侵害しないこと、および著作権使用の許諾済を、事前にご確認ください。

主催

戸田建設株式会社、
TOKYO CONTEMPORARY KYOBASHI

TOKYO CONTEMPORARY KYOBASHIとは:

2021年に東京・京橋にあるギャラリーの四季彩舎とTOMOHIKO YOSHINO GALLERYが始めた現代アートのプロジェクト。日本で最も古美術店が多い地域のひとつの京橋で、次世代アートシーンの発展を目的として現代アートを発信することにより、様々な活動を展開していく。

後援

中央区

お問合せ

KYOBASHI ART WALL事務局(戸田建設株式会社内)

kyobashi_project_m@toda.co.jp