技術概要

病院VRシステムでの表示例

病院の手術室、病室のレイアウトを3DのVR(バーチャルリアリティ)で表現するシステムです。
また、内部の医療機器の配置や壁、床の色などの変更も、簡単な操作で反映でき、すぐに画面で確認できます。
配置、広さ、動線などを、あたかも実際に目で見ているかのように検討することができます。

お客様のメリット

  • モバイルPCやタブレットPCを使って、3D空間で部屋のレイアウトを確認できます。部屋の大きさ、壁・天井・床などの色が変更できるので、レイアウトの検討をスムーズに行うことができます。
  • 医療機器(壁廻り機材、室内機材、備品など)や人を画面上に配置でき、吊り機材のアームなどは動かせるので干渉検討も可能です。

技術・工法の特徴

  • モバイルPCやタブレットPCを使って、3D空間で部屋のレイアウトを確認できます。
  • モックアップの代わりに利用することもできます(利用用途によります)。
  • 全ての操作はキーボード不要で、マウスや指タッチで簡単にできます。
  • 部屋の大きさを自由に設定できます。
  • 医療機器(壁廻り機材、室内機材、備品、人など)が事前登録※2されているため、簡単に配置できます。
  • 壁・天井・床などの色を変更できます。
  • 吊り機材のアームなどを動かせるので干渉検討が可能です。
  • レイアウトした室内を自由にウォークスルーできます。
  • レイアウトパターンを保存・読込できます。また任意の視点での画像を保存して利用可能です。

手術室VR

手術室内の様々なレイアウト変更を簡単な操作で行えます。画面上で操作をしながら医療機器配置状況や広さ・動線、視界の確認等が可能となり、計画段階からレイアウトの検討が容易に行えます。

一般在来型(壁面収納式)

一般在来型(壁面収納式)

アルコーブ型(凹型壁面)

アルコーブ型(凹型壁面)

広さ・導線などの確認が可能

広さ・導線などの確認が可能

病室VR

病室においてもレイアウト検討を簡単な操作で行えます。室内の内装や備品の配置変更を画面上で行い、ストレッチャーや車いすの動線を簡単に確認することなどもできます。また多床室のレイアウト検討では、ユニット(一床分の備品セット)編集機能を使うことで簡単に修正変更できます。

4床室作成例

4床室作成例

ユニット編集機能

ユニット編集機能

技術に関するお問い合わせ