ネットワーク型ローコストセンサを用いた建物健全性の監視システム

ローコストセンサ『ユレかんち』が地震の揺れを感知し、制御ボックスがデータを分析、即時健全性判定を行い、地震情報を配信することで、落ち着いて初動対応することが可能になります。

システム内の通信は全てLANを介して行っており、パソコンやその他情報機器との連携が容易です。

最新のICT技術、MEMS技術を駆使して、従来の地震観測システムに比べ、大幅な省スペース化を実現すると共に従来と比較して▲80%の低価格化を実現しました。(※ユレかんち3台設置の場合)

技術概要

システムの特長

  • 建物震度・健全性度の分かり易い表示
  • 余震に対する安全性評価
  • クラウドサーバーによる情報配信
  • 自己診断機能

情報配信

地震センサ設置階の揺れの大きさと建物の健全性判定結果等を配信できます。

判定システムと情報配信

判定システムフロー

地震後の行動の指針に

  • 地震時使用継続可否判断
  • 地震データ・判定結果に基づく復旧計画の策定
  • 複数拠点(建物)の一元監視による地震時サプライチェーンマネジメントの策定

情報発信例

報告書用レポートも作成可能

健全性の判定方法

建物に設置したローコストセンサによって、建物がどの程度揺れたのかを分析・算出します。
この値と判定基準値とを比較することで、判定を行っています。

地震による建物健全性の判定例

建物固有の耐震性能をもとに、地震の被害統計によって得られる被害傾向(下図)と、ローコストセンサで計測されたデータの分析結果を組み合わせ、高精度の健全性判定を行います。

震度と建物損傷の関係の例

適用例

建築物の機能維持、地震情報配信に…

  • 公共建築物
  • テナントビル
  • インフラ構造物

特殊構造の安全性検証に…

  • 超高層建築物
  • 大空間構造物
  • 塔状構造物
  • 免震や制振構造物

適用実績

特 許

  • 特願2012-127887(出願中) ・特願2012-271079(出願中)

技術に関するお問い合わせ