技術概要

あと施工アンカー工法

鋼管コッター工法

低騒音・低振動・低粉塵
環境に配慮した耐震補強工法

鋼管コッター工法は、耐震補強工事において、在来工法である、あと施工アンカーに替わって鋼管をコッターとして使用する接合工法です。
あと施工アンカーではハンマードリルによって穿孔する際に大きな振動・騒音、粉塵が発生してしまいますが、本工法は静音性の高いコアドリルを用いてかぶり厚さの範囲を削溝するため、低騒音・低振動・低粉塵の施工が可能な環境配慮型の工法です。
病院・学校・ホテル・精密工場など静けさを求められる環境でも、建物を使用しながら耐震補強工事をすることが可能です。
また、専門工事会社による施工で品質に優れ、信頼性が高い補強を達成します。建築技術性能証明(GBRC03-04号改5)を取得しています。

技術・工法の特徴

  • 低騒音、低振動、低粉塵のため建物を使用しながらの工事が可能
  • 既存建物の仕上げモルタル撤去不要
  • 既存建物への損傷少(埋込深さ:30mm)
  • 安定した施工品質と工期短縮

振動測定結果

騒音測定結果

うるさい 80dB 地下鉄の車内、交通量の多い道路、電話が聞こえない
70dB 電話のベル、騒々しい事務所の中、騒々しい街頭
60dB 静かな乗用車、普通の会話
静か 50dB 静かな事務所
40dB 市内の深夜、図書館、静かな住宅地の昼

お客様のメリット

使用中・居住中・営業中の建物で耐震補強工事ができます。

低騒音・低振動・少粉塵のため終日機能している病院や医療施設・ホテル・デパートなどの商業施設や学校の耐震補強工事が安心して行えます。

病院

ホテル

商業施設

学校

鋼管コッターの適用工法

適用事例

(1)UFCブロック耐震壁

(2)枠付鉄骨ブレース

(4)外側鉄骨ブレース直付け

(6)RMブロック耐震壁

(7)RC耐震壁

(8)アドバンス制震

SRC造にも適用可能

既存建物が鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の場合は、鉄骨があるためにあと施工アンカーが施工できません。そのため、梁底を深く斫り、鉄骨に直接スタッドを溶接しなくてはなりません。鋼管コッター工法では30mm以下の削溝深さで済みますので、短い工期で耐震補強することが可能です。

在来工法(スタッド溶接)

鋼管コッター工法

施工手順

既存建物調査

削溝作業

接着剤注入作業

鋼管コッター取り付け

性能証明

本工法は2012年3月8日に財団法人日本建築総合試験所より、建築技術性能証明(GBRC03-04号改5)を取得しています。

特許

特許3384992号

実績・事例

T大学付属病院中央診療所、K上野ビル、Y税関本館、H学生ハイツ東館・西館、A電気古川工場研究棟、K武蔵小杉、I常滑研修所、H鈴鹿工場、大阪S事務所、東京Gホテル、Kビル、M川口店、S本社技術センター、N高裁、地裁、簡裁合同庁舎、Rビル、N運輸倉庫(株)静岡支店、S自動車磐田第一寮、S自動車磐田第二寮、S自動車磐田第三寮、札幌T本社ビル、赤坂見附Mビル、武蔵小杉Kビル、福岡Nビル、東京K大学板橋校舎、兵庫県立H高校、東海D倉庫1号棟、東海D倉庫6号棟、名古屋S通りビル、Z協同組合新潟支社、山形Kビル、宮城県H市立病院、東京都M赤十字病院、東部ビル、W大学31号館、W大学32号館、S県農林会館、T製薬第7工業、W大学O講堂、N大学総合研究棟、A銀行松山支店、N女子大学70年館、国立病院機構N病院、B工業(株)本社ビル、N倉庫運輸(株)名古屋支店、Kビル、B工業第一工場、B工業第二工場、M銀行F支店、KTビル、M銀行H支店、A県庁舎、M電気産業N工場、Mビル、Sビル、K大学付属中学校、T大学文学部文学研究課文学研究棟、Tビル、KSビル、他(2013年1月現在 211物件)

技術に関するお問い合わせ

関連情報