技術概要

RN-NEOカッター工法

RN-NEOカッター工法は、NEOカッター工法※1をリニューアル工事の壁解体工事にも適用できるように小型化した壁切断機械を用いる工法です。エレベーターでの移動ができる大きさとし、またスラブが重さに耐えられるように軽量化しています。
壁解体工事は通常ブレーカーで突っついて破壊する為、大きな騒音と振動を伴います。この従来工法と替わる「RN-NEOカッター工法」は、リニューアル工事の壁解体において、騒音や振動の低減に効果を発揮します。

お客様のメリット

切断状況

  • 低騒音で解体が可能です。
  • 振動がほとんど発生しません。
  • 押付けるだけで固定ができるため、あと施工アンカーが不要です。
  • ジャイアントブレーカーと同程度の解体能率で施工が可能です。

技術・工法の特徴

仕様

  • 重量:1,040kg(アタッチメント220kg)
  • 大きさ:高さ2,015~3,950mm×1,375mm×2,210mm
  • 先端旋回角度:360度
  • チルト首振角度:±7度
  • 押し付け伸縮距離:150mm
  • 先端伸縮距離:250mm
  • 切断深さ:0~500mm(ブレード直径1,200mm)
  • 電源:三相400V(切断部)、200V(操作部)
  • 切断スピード:2.0m2/h(鉄筋量0.5%のRC造の場合)
  • その他:ウォールソー冷却用水道水が必要 垂直、水平切断可能

RN-NEOカッター工法の概要

施工方法

  • 装置の搬入は小さくユニット化した状態で、エレベーターやドア開口を利用して行い、施工場所で装置を組み立て。
  • アタッチメントの昇降、旋回、伸縮機能を用いて切断位置にウォールソーをセット。
  • 切断位置への固定はアンカーを用いずにアタッチメントを切断位置に押し付ける摩擦力だけで固定。
  • 架台の固定は伸縮サポートで床と天井を突っ張る摩擦力で固定。
  • 水平切断や垂直切断が可能であるため、解体部を外部に搬出できる大きさのブロックに切断し、チェーンブロック等を用いて搬出。

各ユニットに分解した状態

ユニット化した架台の搬入状況

設置状況

水平切断

垂直切断

振動・騒音の低減効果

NEOカッター工法(切断)、ニブラー(圧砕)、ジャイアントブレーカ(打撃による破砕)の3工法による騒音・振動レベルの比較を行いました。  NEOカッター工法はジャイアントブレーカと比べて、
「音圧レベルは-21dB」
「騒音レベルは-22dBA」
の低減効果がありました。

騒音測定結果

※1 音圧レベル:音圧の大きさを、基準値との比の常用対数によって表現した量(レベル)

※2 騒音レベル(A特性音圧レベル):同じ音圧レベルでも、高い音と低い音では耳に感じる音の強さは違うため、実際人間が感じる音の強さとして補正を加えたもの

作業範囲

  • 水平切断高さは0~3,220㎜、垂直切断の切断高さは0~3,965㎜まで施工可能。
  • 天井高は2,015 mm~3,965㎜の建物で使用可能。

作業範囲図

設置手順図

搬送、組立、設置、切断手順

適用範囲

騒音、振動を抑制して壁を解体する場合に有効です。

  • 部位 :壁など
  • 工事例 :リニューアル工事など

活用実績

横浜市庁舎耐震改修工事

特許

特許第5054549号

技術に関するお問い合わせ

関連情報

ソリューション

実績

  • 横浜市庁舎耐震補強工事

論文