技術概要

屋外から工事をすることにより建物使用者、居住者の皆様への影響が少ない耐震補強工法です。接合部には従来工法である、あと施工アンカーを減らして、当社が開発した鋼管コッター工法を使用する低騒音・低振動・低粉塵の環境配慮型工法です。
建物を使用しながらの工事が可能で、病院・学校・ホテル・精密工場など静かな環境でのブレースを増設する工事に最適です。

外部耐震補強

お客様のメリット

  • 低騒音・低振動・低粉塵
  • 建物を使用しながらの工事が可能
  • 屋外からの施工で居住者への影響が少ない
  • 静かな環境での工事に最適
  • 安定した施工品質と工期短縮

技術・工法の特徴

外部耐震補強工法は「(1)鉄骨ブレース直付け工法」を採用することが一般的です。しかしバルコニーや庇がある場合、建物の柱梁に鉄骨を直接付けることができないため、「(2)外側鉄骨ブレース架構増設工法」を用い、バルコニーや庇を避けて鉄骨を設置します。また、鉄骨ブレースを設置すると採光や眺望を妨げる場合があります。この場合、ブレース材にPC鋼棒(高強度の細い鋼材)を使用して細くする「(3)アタッチメントフレーム工法」を採用することで、採光や眺望を確保します。

外部耐震補強工法概要

性能証明

本工法は2012年3月8日に財団法人日本建築総合試験所より、建築技術性能証明(GBRC03-04号改5)を取得しています。

特許

特願2011-230548号

実績・事例

宮城県O市民病院(外付け鉄骨ブレース直付け工法42面)、S大学医学系研究棟(外付け鉄骨ブレース直付け工法10面)、Bプラザビル(外付け鉄骨フレーム直付け工法18面) 他

技術に関するお問い合わせ

関連情報