快適な室内環境の構築 スマート・オフィス(ホスピタル)・ライティングシステム

概要

在室者の健康・生産性や省エネルギーに配慮した照明システム

照明制御状況 
      写真提供:コイズミ照明(株)

オフィスにおける生産性の向上や健康への配慮など、働き方改革に寄与するオフィス作りが注目を集めています。
スマート・オフィス(ホスピタル)・ライティングシステムは、照明の明るさと色を一日を通して変化させることで、在室者の生産性や健康度の向上が期待できる照明システムです。
また、本システム用に開発した照明器具は、器具の直下だけではなく、天井面や壁面も明るくする形状とすることで、従来の器具よりも省エネルギーとなります。
これまで病院や事務室などで採用いただいております。

メリット

  • 在室者の健康や生産性の向上が期待できる
  • 従来器具と比較して最大約30%の省エネルギー
  • 照明は無線通信で制御するため、レイアウトの変更が容易

特徴

サーカディアン・リズムに配慮した光制御

人は約24時間を周期とする生体リズム(サーカディアン・リズム)を持っています。このリズムは、光と深い関係があることが知られています。

スマート・オフィス(ホスピタル)・ライティングシステムは、太陽光のように、照明の明るさと色を一日を通して変化させ、在室者のサーカディアン・リズムを整えることで、生産性や睡眠の質向上が期待できます。

システムの効果検証のため、実験を行いました。照明の明るさと色を一日を通して変化させることにより、生産性や睡眠の質が向上することを確認しています。

光とサーカディアン・リズム
スマート・オフィス(ホスピタル)・ライティングシステムの効果
※SOL:スマート・オフィス・ライティングシステム

明るさに配慮した器具形状

本システム用に開発した照明器具は、器具の直下だけではなく、天井面や壁面も明るくする形状としました。部屋全体を見たときに視界に入る天井面や壁面を明るくすることで、空間全体が明るく感じるようになります。
開発器具は、従来の照明器具と比較し、最大30%程度省エネルギーとなります。

明るさに配慮した照明

無線通信による制御が可能

照明器具は無線通信で制御を行います。パソコンやタブレット、電池レススイッチで操作することができます。

施工時の配線等が必要ないため、オフィスなどでのレイアウト変更時、柔軟に対応することができます。

システム概要
関連する実績

オフィス、病院、高齢者施設、宿泊施設

  • 埼玉県立がんセンター
  • 綿貫病院
  • 戸田建設 筑波技術研究所環境技術実証棟
論文