建物の安全・安心の補助 ペアロッククリップ®(Ⅰ・Ⅱ型)

概要

施工性を改良した新しい天井耐震補強金物

図 ペアロッククリップ®Ⅱ型

ペアロッククリップ®は、天井の耐震性を大きく向上させることが可能な補強金物として、2016年9月以降当社の現場に標準採用されています。一般の在来天井に用いられるJISクリップと比較して2倍以上の強度を有し、天井の主な落下原因の一つである野縁と野縁受けを留めるクリップの外れを防止することが可能です。
ペアロッククリップ®Ⅱ型は、必要な強度を確保しつつ、施工性の改良とコストダウンを図った、新しいペアロッククリップ®です。

メリット

  • ペアロッククリップ®Ⅱ型は、従来のペアロッククリップ®(以下、Ⅰ型)に比較して施工性が向上し、コストも低く抑えることができます(強度はⅠ型に比較して小さくなります)。
  • ペアロッククリップ®Ⅱ型を導入することにより、Ⅰ型と併せて耐震要求性能に応じて使分けることができます。

特徴

ペアロッククリップ®Ⅰ型とペアロッククリップ®Ⅱ型は下表に示すような特徴があります。

ペアロッククリップ®Ⅰ型とⅡ型の比較

種別厚さ[mm]適用範囲
Ⅰ型 1.6
(厚い)
  • 特定天井
  • 計算書などにより、特に耐震性を求められる天井
Ⅱ型 1.3
(薄い)
  • 上記以外の天井
  • 免震建物の天井

形状・箱の印字

Ⅰ型
Ⅱ型

荷重-変形関係

関連する実績

特に体育館、ホール、集会場などの大空間天井

既存在来天井の耐震改修

2017年9月以降、原則物件すべてに採用

  • 九段坂病院 他多数