建物の安全・安心の補助 制震天井システム「TN-CDS工法」

概要

制震天井システム

制震天井システム は、天井と壁や床スラブとの間に制震デバイスを設置することにより、地震時の天井の揺れを吸収し、天井の耐震性能を向上させるシステムです。 これまで経験に基づいた補強しかされなかった一般天井に対して、本システムは計算によって地震時の揺れを制御し、天井落下被害を防止します。

  • 制震天井システムは西松建設株式会社との共同開発です。

メリット

制震天井システム「TN-CDS工法」の概要

地震時の天井落下による人命の保護、機器・製品および建物・設備などの被害防止はもちろん、継続使用が重要な生産、医療施設などのBCM(事業継続管理)対策としても有効です。

特徴

地震時の天井落下を防止することにより、

  • 人命の保護
  • 室内の機器、製品、設備の被害防止
  • 災害時にもその室を継続使用が可能

などの効果があります。

制震天井システム

制震天井システムには2種類の工法があり、大規模天井・段差付き天井など様々な種類の天井に対応できます。

壁取り付けタイプ制震天井

天井のふところサイズが大きい場合に適しています。

ポストタイプ制震天井

大規模天井、段差天井などに適しています。

  • 新築だけでなく、既存の在来天井にも採用することが可能です。
  • 天井の揺れを防止する斜め材が不要なため、天井内の設備機器、配管、ダクトを自由に設置することが可能です。
粘弾性ダンパーを用いた制震デバイス
制震デバイス

粘弾性体が変形することにより地震エネルギーを効果的に吸収します。

振動台実験
振動台実験の様子

大型振動台実験により、制振天井システムの耐震性能を検証しています。

関連するソリューション
関連する実績
  • コニカミノルタオプトL5工場
  • コニカミノルタオプトL6工場

リリース