ICTを用いた品質管理 吊荷旋回制御装置 「ジャイアン」

概要

施工状況

クレーンで吊り上げた資材の旋回を制御することができる装置です。
これまで、強風やクレーンの動きに伴う慣性により、作業者の意思に反して吊荷が旋回してしまうケースが多く見られ、揚重作業における課題とされていました。
本装置を使用することで、この課題を克服し、安全かつ効率的な作業を実現します※1

  • ※1本装置は「ジャイロ機構で全に揚重作業ができる」ことから命名しました。

メリット

  1. 1吊荷の取付に要する時間を短縮できる
  2. 2吊荷の正確な取付けが可能となる
  3. 3揚重作業の効率と安全性が向上する

特徴

  • 内部のホイール(フライホイール)を高速回転させることで得られる「ジャイロ効果※2」を利用して、吊荷の旋回を制御する装置です。
  • 「能動制御」により、操作者が回したい方向に吊荷を回転させます。これに「カラートラッキング手法※3」を組み合わせることで、吊荷を任意の方向で正確に静止させることができます。
  • 「受動制御」により、吊荷が強風などの力を受けても一定の姿勢を保つことが可能です。
  • 揚重作業に必要な時間や人員の削減、吊荷の正確な取付を実現します。
左:吊荷旋回制御装置
右:本装置とカメラの位置関係
本装置が内蔵するホイールおよびモーター
  • ※2物体が高速回転すると姿勢が乱されにくくなる現象
  • ※3特定の色のみを検出して追跡

実績

  • 8現場(2019年10月25日)
関連する実績

揚重作業に適用

8現場にて適用

論文
特許・認定・認証

特許出願中

特許出願2016-125305号