地域社会とともに グループ会社の取り組み

戸田建設グループ会社は、建築・土木事業が中心ですが、不動産業や金融業、ホテル業など多岐にわたっています。
CSRへの取り組みの輪はグループ各社にも広がっており、事業を通じて培った経験を活かし、災害時の応援や環境美化運動などの活動へ参加する中から、地域貢献への意識を一人ひとりが高め、社会の一員としての役割を積極的に果たしていきます。また、国内グループ会社では年3回、グループCSR・環境会議を開催し、社会貢献活動、環境活動について話し合われています。

アペックエンジニアリング

環境に配慮した輻射空調設備施工

(株)アペックエンジニアリングでは輻射空調の性能検証を実施し、スポーツ施設などへの輻射空調冷暖房設備施工実績があります。
輻射空調とは、空気を暖めず、温度がある物体から赤外線が出て熱エネルギーを伝える輻射を用いた冷暖房のことです。クーラーやヒーターのように冷風、温風を放出し強制的に熱対流を起こさせる従来の空調と違い、風の発生がない快適な環境を実現できるのが特徴です。

輻射:高温の固体表面から低温の固体表面に、その間の空気、そのほかの気体の存在に関係なく、直接電磁波(赤外線)の形で伝わる伝わり方を輻射といい、その熱を輻射熱といいます。トンネルの中で涼しく感じたり、太陽の自然な暖かさ、薪ストーブの熱なども輻射熱によるもの。

昭和第一学園高等学校施工事例(体育館)

【設置前】

【設置後】

輻射空調には以下のようなさまざまなメリットがあります。

  1. 1無音無風で温度にムラがなく、快適で安定している。
  2. 2空気を暖めないため、部屋が乾燥せずインフルエンザなどの抑制に貢献。
  3. 3埃、ウイルスが循環しないため、クリーンな空気環境がつくられる。
  4. 4大空間に対し天井から冷風を送る従来空調に比べ、局所空調が可能なため、大幅なコストダウンが図れる。
  5. 5バトミントンや卓球など屋内競技における影響がない。
  6. 6静寂性が求められる音楽会などにも適し、スポーツ施設などへの適用事例が大きく評価されている。

アペックエンジニアリングは、エコファクトリー社製エコウィンを用いた施工実績を重ねています。2019年9月にはエコファクトリー社との認定設備代理店契約を結び、正式に販売代理店となりました。エコファクトリー社はこうしたスポーツ施設導入例でランニングコスト1/14、CO2排出量1/12と飛躍的な省エネを実現したことで多くの省エネ賞(平成26年度省エネ大賞特別賞、平成27年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰)を受賞しています。
今後も輻射空調設備施工のパイオニアとなるべく、施工実績と販売を重ね、また提案を行うことで環境に配慮した社会づくりへ貢献していきます。

清掃活動で地域に貢献

中央区では自主的な清掃活動の輪を広げ、清潔で快適な街を実現するために平成17年7月から、毎月10日を「まちかどクリーンデー」とし、清掃活動の促進を図っています。
アペックエンジニアリングは地域社会貢献としての清掃活動を7月から開始し、これを契機にまちかどグリーンデーに団体登録しました。社員の積極的な参加を促し、今後各営業所単位でも実施する考えです。地域との交流を含め、地域貢献活動の輪を広げていきます。

参加者の集合写真
清掃の様子

戸田ビルパートナーズ

有明地区の清掃活動への参加

戸田ビルパートナーズは、毎月1回CLUB ARIAKEが主催する清掃活動「有明CLEAN UP!」に、環境保全活動および地域貢献活動の一環として参加しています。参加者は有明地区周辺の企業の方々です。国際展示場駅周辺と東京ビッグサイト周辺の2グループに分かれて実施し、毎回沢山のゴミを拾うことができ、達成感と爽快感を感じられます。普段接することのない近隣企業様と顔見知りになる良い機会となり、楽しく参加しています。東京オリンピック・パラリンピックを2021年に控え、開催の中心となる有明地域の環境保全活動に今後も努めて参ります。

参加者の集合写真
清掃活動

カンボジア技能実習生への衣類提供

社会貢献活動の一環として、不要鞄のリサイクル活動などに取り組んでいる中で、衣類のリサイクル活動を実施しました。今般、カンボジアから技能実習生を受け入れましたが、カンボジアの年間および終日を通して暖かい気候に比して、寒暖差がある日本の気候に合う衣服を持ち合わせていないため、社員へ『着用頻度が減った着用可能な衣類の提供』を呼びかけました。全支店からの協力が得られ、集まった衣類を実習生に選んでもらうことで、技能実習生の暮らしのクオリティ向上に寄与するとともに、衣類のリサイクルに繋げる成果も得られ、また技能実習生とのコミュニケーションの場を設けることもできました。皆が笑顔に変わる活動は今後も続けて参ります。

提供した衣類を選んでいる技能実習生のみなさん

戸田道路

令和元年東日本台風(台風19号)災害復旧に対する取り組み

2019年10月に日本に上陸した台風19号は、関東地方や甲信地方、東北地方などで記録的な大雨となり、甚大な被害をもたらしました。
戸田道路では、台風被害による土砂の撤去作業などを積極的に行いました。
特に国道20号線の東京都八王子市高尾付近、国道115号線の福島県相馬市山上間ノ次郎付近の迅速な応急復旧に対し国土交通省地方整備局長より感謝状を頂きました。

国道115号土砂撤去作業
東北地方整備局より感謝状

東和観光開発

特産物のみかんを使ってみかんビールを開発!

サンシャイン・サザンセトのある周防大島は、山口県のみかんの8割を生産する「みかんの島」として有名です。島の特産物であるみかんを使った周防大島産オリジナル商品を開発し、環境保全、観光振興にも貢献できるよう、みかんビールを開発・販売しています。(2018年度瀬戸内ブランドに登録)現在では、地元の有機無農薬や減農薬栽培のレモンやブルーベリーを使用したビールも開発・販売しています。
またホテルの料理の一部に同じく地元の野菜を使用しています。
今後は、地ビールを郵便局のふるさと小包で販売するなど、地域にも貢献できる、さまざまな活動に取り組んでいきます。

島の大型イベントへの参加・協力

ハワイ州カウアイ島と姉妹島である周防大島の夏の風物詩、サタデーフラダンスこと「サタフラ」は(一社)周防大島観光協会が主催し、夏休み期間中の毎週土曜日に島内各地で行われています。サンシャイン・サザンセトでは会場、更衣室の場所、音響設備、照明器具の提供を行っています。海をバックにハワイ感溢れる風景で踊れるため、全国から応募したフラダンスチームに人気の会場となっています。従業員もボランティアとして参加し、大型イベントを盛り上げています。
地域イベントの参加・協力を通して地域とのコミュニケーションを大切にしています。
今後は、夏以外にも島全体で楽しめるようなイベントも企画し地域活性化に努めていきます。

観光紹介ムービーの作成・情報発信

当ホテルでは観光紹介ムービーを4編作成し、春夏秋冬の周防大島の自然豊かな観光スポットや素敵なお店等をストーリー仕立ての映像で発信をしています。周防大島の魅力を伝えることで、観光需要の拡大にも貢献しています。

Hotel&Resort Sunshine Sazanseto

佐藤工業

交通安全運動を実施

全国交通安全週間・交通事故防止運動・交通事故防止県民総ぐるみ運動の開催期間中に本社前の道路で交通誘導を行っています。2019年度は4月・5月・7月・9月・12月に実施しました。運動期間中は、地域の方々が協力し、児童から年配の方まで交通安全意識を高め、交通ルールの遵守や交通事故防止を図っています。

清掃活動で地域に貢献

毎月1回、周辺地域の地下歩道清掃を行っています。清掃活動には15~20名が参加し、内容としては、掃き掃除をメインとして水路掃除や手摺の拭き掃除などを行っています。
また、地下歩道清掃に加え年に4回約50名の社員が参加し、本社近隣道路のゴミ拾いも行っています。地域の方々への日頃の感謝を忘れずに、近隣地域に貢献できるよう清掃活動を続けてまいります。

献血を開催

2012年より、毎年本社駐車場にて献血を行っております。2019年度は献血者が少ない寒い時期である2020年2月に開催しました。コロナウイルス感染拡大にともない協力者の減少が懸念されましたが、取引会社・協力会社・近隣住民の皆さまと弊社社員の多くの方々のご協力をいただき、合計137名の皆さまに献血していただきました。また、2019年10月、県民の健康づくりに関わる公衆衛生事業の推進に献身的な活動を続け、他の模範となる実績をあげた個人および団体を表彰する「健康ふくしま21推進県民表彰式」で福島県知事より感謝状をいただきました。

高校生の現場実習を実施

高校生の現場実習を2019年度は3校受け入れました。7月は福島県立福島工業高等学校 建築科の生徒さん4名、9月は福島県立福島明成高等学校 環境土木科の生徒さん3名、2020年2月は学法福島高等学校 普通科実務選択コースの生徒さん3名が土木・建築の施工現場で実習を行い、最先端の技術である工事現場のVR体験もしていただきました。皆さん熱心に実習に取り組んでおり、最先端の技術を学ぶことで建設業の進化や仕事に対しての理解を深められたのではないかと思います。

中学生の職場体験を実施

中学生の職場体験を2019年度は2校受け入れました。福島市では、中学2年生が、市内の事業所で体験活動を通して社会のしくみを学ぶ「中学生・ドリームアップ事業」を行っております。
7月に福島市立信陵中学校の生徒さん4名、9月に福島市立清水中学校の生徒さん6名を受け入れ、施工中の現場の見学や、ドローンの操作体験、CADなどの実習を行いました。中学生にとって建設業を知る良い機会なので職場体験を通じて建設業に興味をもってもらえるよう今後も受け入れを行っていきたいと思います。

地域のボランティアに参加

2019年9月、伊達市で「第59回 伊達ももの里マラソン大会」が開催され、当社からはボランティアスタッフとして社員14名が参加し、給水所でランナーのサポートを行いながらたくさんの声援を送りました。

令和元年度東日本台風の水害対応

2019年10月に発生した東日本台風にともない、各地で土のう作成や土砂運搬、床上浸水による電気関係修繕、給水対応など合計24件の水害対応を行いました。2020年3月、国土交通省東北地方整備局、福島県県北流域下水道建設事務所より感謝状をいただきました。

道路除雪業務対応

冬季間に5つの路線区間の県道について、昼夜問わず除雪や融雪剤の散布を行い、県道の機能維持に努めました。2020年3月、福島県県北建設事務所より感謝状をいただきました。

タイ戸田建設

孤児院の子供たちへの寄付

2017年12月チェンマイの「バーンウェンピン」(Ban-Viengping)という孤児院を訪問しました。「バーンウェンピン」(Ban-Viengping)とは様々な理由で両親に養育を放棄された子供達のための孤児院です。必需品や学用品を寄付し、「バーンウェンピン」孤児院の子供達から暖かい歓迎と感謝言葉を頂きました。

寄付の目録を贈呈
子どもたち全員との記念写真

駅伝大会への参加

2017年に日タイ修好130周年を記念して開催された「アユタヤ“絆”駅伝」の、第3回目となる2019年も継続事業として参加しました。
本年はタイと日本の両国から532チーム・2,128人が参加する駅伝大会となりました。
タイ戸田建設からは日本人・タイ人の混合3チームが参加し、最も早いチームは45位に入賞することができました。

インターンシップの受け入れを実施

タイ戸田建設は、2019年度にインターンシップの学生を1名受け入れました。
ものつくり大学建設学科の3年生の学生で、2019年7月から約1ヶ月の研修でした。
当社の各担当者の下で、施工・設計・積算・設備について1週間ずつ実施しました。
座学が主でしたが、作業所や鉄骨・杭・金属製建具の工場の見学も盛り込みました。
最終日には、当社社員の日本人・タイ人の前で、インターンシップの成果の発表を行いました。
実際に企業で研修し、働くことのイメージがつかめたとのことで、この経験を今後につなげてもらいたいと願っています。

ブラジル戸田建設

小児がん患者支援団体への寄付進

サンパウロ市内で小児がん専門病院を運営する非営利団体GRAACCに2010年5月より継続して寄付を行っています。寄付金は同病院の運営費、医療機器の購入費などに充てられることになっています。

寄付に対する感謝状

日本人学校生徒の職場体験学習を実施

2019年1月17~18日の2日間、サンパウロ日本人学校の中学生2名の職場体験を受け入れました。初日の午前はCADを使用した簡単な製図に挑戦し、午後は当社が改装工事を行ったブラジル日本移民史料館を見学しました。二日目は施工中の作業所で測量実習と安全パトロールを行いました。もともと建設の仕事に興味があったという男子生徒は、「職場体験を通して建設に関わる仕事に就きたいという気持ちになりました」と感想を寄せてくれました。

作業所事務所で説明を受ける
測量実習

ブラジル日本移民史料館への寄付

開館40周年を迎え、老朽化していたブラジル日本移民史料館の改装工事を請け負い、その費用を負担して寄付としました。2018年は日本移民110周年の節目であり、日本移民の記録を残し、その歴史を後世に伝える史料館の改装は、ブラジル日系社会の切実な願いでした。7月にブラジルを公式訪問された秋篠宮眞子さまをリニューアルした史料館でお迎えでき、日系社会からも感謝の声が寄せられました。

開所式出席者集合写真
史料館内の協賛企業プレート

ミャンマー連邦共和国

現地社員が日本語教室を開催

当社ヤンゴン土木作業所に勤務するミャンマー人スタッフのゾーゾーさん(写真左奥)。
以前の勤務先において研修で3年間日本に滞在したこともあり日本語が得意な彼は、ミャンマーに帰国して4年後、縁あって当社で働くことになりました。(事務所開設準備をしていた当社の出張者が乗ったタクシーが、ヤンゴン市内の路上で故障し立ち往生していたところ、たまたま通りがかったゾーゾーさんが助けてくれました。)
彼は習得した日本語を現在の仕事で活かしているのは勿論、毎週日曜日に近所の方を自宅に招いて、ボランティアで日本語を教えています。
彼のパソコンの待ち受け画面設定は、日本語で“他人から「どう思われるか」より 他人のために「何ができるか」”。 彼の献身的な姿勢、日本人の私たちも見習いたいものです。

日本語を教えている様子

スリランカ民主社会主義共和国

今井社長が日本・スリランカ経済フォーラムにて講演

日本商工会議所・東京商工会議所による訪インド・スリランカ経済ミッションが2018年1月21日~1月27日まで行われました。
今井社長は1月25日にスリランカで行われたラニル・ウィクラマシンハ首相などスリランカ政府要人が出席されている「日本・スリランカ経済フォーラム」において、スリランカ政府に対して要望事項を伝え、更なる両国経済関係の強化に向け取り組んでいただきたいと講演いたしました。
この経済ミッションは毎年開催され、貿易の拡大や投資・技術移転等の促進に向け、情報交換や意見交換などを行うことで、積極的な民間経済外交を推進する役割を担うものです。

講演する今井社長

知的障がい者を支援するクッキー工場の支援

スリランカ民主社会主義共和国のコロンボ北部無収水縮減作業所では、2016年3月以降、度々在スリランカの日本人会婦人部の方々や日本からの当社出張者とともに、知的障がいのある方々が働くSahan Sevanaのクッキー工場を訪問しています。
この工場では、スリランカのCeylon Biscuits Limited社の支援のもと、手作りのクッキー「HOPE」を製造しています。
明るく一生懸命なスタッフが、クッキーの製造から梱包までの全ての作業を行っており、彼らがひたむきに働いている姿に、参加者はいつも感銘を受けています。
当作業所では、Sahan Sevanaの活動を広く知ってもらうため、現地スタッフや日本人会の皆様等にこの手作りクッキーを配布しています。この活動のスリランカでの認知度向上のため、今後とも継続した支援を行っていきます。

クッキー作りの様子
集合写真

視覚障がい者による指圧マッサージ施設を支援

スリランカ民主社会主義共和国のコロンボ北部無収水縮減作業所では、2016年12月以降、たびたび視覚障がい者の方々が指圧マッサージを施術する施設「Thusare-Talking Hands-」を訪問し体験会を実施しております。
この指圧マッサージ施設は、視覚障がい者の自立支援・社会的地位の向上を目的に、日本のNPO法人アプカスが運営しています。
日本の指圧マッサージの先生が技術指導を行っており、本格的な指圧マッサージが受けられます。
当作業所では、この施設ことをより多くの方々に知ってもらうため、割引券を購入し、関係者を中心に配布しております。
口コミの輪が広がり、より多くの方に体験していただければ幸いです。

施設内の様子
  • SCIENCE BASED TARGETS DRIVING AMBITIOUS CORPORATE CLIMATE ACTION
  • ECO FIRST
  • BOSS IKUBOSS AWARD 2016