ガバナンス コンプライアンスの徹底

戸田建設グループの役員・社員一人ひとりが高い倫理観に基づく行動を実践できるよう、コンプライアンスの徹底を図っています。

コンプライアンス体制の整備

当社では、以下のとおり、コンプライアンス委員会をはじめ、監査室、審査委員会などを設置し、コンプライアンス体制の強化に努めています。

本社コンプライアンス委員会
社長を委員長とし、コンプライアンスに関する重要方針を審議・決定(グループ企業行動憲章・行動規範の制定および改定、グループ会社の役員・社員への啓発、企業倫理ヘルプラインの運用などコンプライアンスの徹底に向けた施策など)
監査室
当社並びにグループ会社に対する内部監査を実施
審査委員会
総務・法務・財務部門の部門長により定期的に開催され、稟議書などの申請内容について事前チェックを実施
グループ事業推進部
グループ各社の経営管理業務(経理、原価管理、コンプライアンスなど)への監視および支援
(海外現地法人については、海外事業部を通じて監視、支援を行います。)
  • コンプライアンス:当社グループでは「法令の遵守はもとより、企業理念と社会倫理にもとづき行動すること。また、このような行動を確実に遂行できるよう、規範・規程や体制などを整備していくこと。」と定義しています。

コンプライアンス体制

戸田建設グループ行動規範

コンプライアンス経営を推進し、企業理念を実践していくために、グループ会社の役員・社員一人ひとりが日頃から心がけ、行動に反映すべき指針として「戸田建設グループ 行動規範」を制定しています。この規範は、戸田建設グループ企業行動憲章をより具体的な行動レベルに落とし込んだもので、ステークホルダーごとに整理して記し、理解の促進を図るつくりとなっています。社会的信用失墜の恐れのある支出、即ち、国・地方公共団体の議員や役職員等に対して、当社グループに対する有利な取扱いを目的とした、またそう見なされかねない接待、金銭・物品等の供与を行わない旨を規定しています。
また内容については、適宜改定を行っています。

「戸田建設グループ 行動規範」の項目

  1. 1総則
  2. 2お客さま、協力会社、競争会社等との関係
  3. 3社員との関係
  4. 4社会との関係
  5. 5株主、投資家等との関係
  6. 6会社、会社財産との関係
  7. 7運用体制

コンプライアンス教育の実施

本社コンプライアンス委員会事務局では、コンプライアンス意識の向上や業務にかかわる法令などの知識の向上を目的とした各種教育を実施しています。
2019年度も、人事部による集合研修や、全支店、グループ会社を対象とした対面研修、部門からの依頼による各種研修の中で、法令改正を含めたコンプライアンスに関する最近の課題、コンプライアンス体制についての周知、ハラスメント対策などについて、講習を実施しました。特に、管理職向けの研修では、各種ハラスメントをテーマの一つとして、常々取り上げております。
また、e-ラーニングシステムを活用し、全役員・社員を対象とした研修を年2回、新たに採用した社員(派遣含む)を対象とした研修を実施しています。また、2016年度より、グループ会社役職員を対象としたe-ラーニングを実施しています。
コンプライアンス意識をグループ全体で共有するため、戸田建設グループ行動規範などを掲載した小冊子「戸田建設グループのコンプライアンス」をグループ全社員に配付し、部門での研修などに活用しています。
さらに、より日常的な啓発の手段として、イントラネット上に「コンプライアンス委員会のページ」を開設し、コンプライアンスに関する基本情報をはじめ、企業倫理ヘルプラインの利用細則などを掲載しています。

コンプライアンス教育の様子

コンプライアンス・カードの携行

企業理念の浸透と日常業務への反映を目的として、「戸田建設グループの理念(コンプライアンス・カード)」を全役員・社員に配付しています。このカードは、グループ経営方針、グループ企業行動憲章(社長現場訓)などを、携行できるサイズに取りまとめたものです。引き続き活用の機会を増やし、携行率の向上に努めていきます。

コンプライアンス意識調査アンケートの実施

コンプライアンスに対する社員の意識の把握を目的として、毎年1回「コンプライアンス意識調査アンケート」を実施しています。また、その結果を分析し、施策立案などに活用しています。
2020年2月に実施した第15回調査の結果は下記のとおりとなっています。今回の調査では、「あなたは日頃からコンプライアンスを心がけて行動していますか」という問いに対して、「心がけている」「考えることがある」との回答が合わせて95.1%になり、一定のレベルは維持できているものと考えています。
また、「コンプライアンスと利益はどちらが優先すると思いますか」という問いに対しては、「常にコンプライアンスが優先する」「原則としてコンプライアンスが優先する」との回答があわせて96.3%あり、各種対策の効果が表れてきたものと考えています。
以上の意識調査結果を真摯に受け止め、今後もコンプライアンス意識の醸成のため、各種対面研修、e-ラーニング研修など継続的な啓発活動を通じて、社員の意識向上を図ります。

コンプライアンス意識調査アンケート結果(抜粋)

調査対象:5,057名

Q. あなたは日頃から、コンプライアンスを心がけて行動していますか

Q. コンプライアンスと利益は、どちらが優先すると思いますか

企業倫理ヘルプラインの活用

戸田建設グループ行動規範に違反、または違反の恐れがある行為を発見した際の報告・相談などの窓口として「企業倫理ヘルプライン」を設置し、社員などが活用することで問題の未然防止・早期解決を図っています。この企業倫理ヘルプラインでは、独禁法・贈収賄規制違反等の法令違反、社内外のルール違反や労務問題など幅広くコンプライアンス問題に対応します。
利用対象者はグループ各社の役員・社員に加え、協力会社(請負業者を含む)の役員・社員の方々も対象としています。
また、相談窓口としては、従来からの本社コンプライアンス委員会事務局(コンプライアンス部長)、支店コンプライアンス委員会事務局(支店管理部長)、監査室長および顧問弁護士に加え、2018年11月より社外相談窓口を増設し、より相談しやすくプライバシーに配慮した制度としています。従業員は匿名での通報・相談が可能であり、通報・相談のあった内容及び個人情報は、機密情報として取り扱われます。
一方、企業倫理に限らず、会社・職場を良くするために必要と考える提案についても受け付けるなど、広範な運用を行うことで、より風通りの良い企業風土の構築にも役立てています。

企業倫理ヘルプラインのしくみ

調達方針

「所要の品質に対して最も価値のある製品やサービスを国内外を問わず調達する。」
当社は「戸田建設グループグローバルビジョン」を基に、お客さまの満足のため、誇りある仕事のため、人と地球の未来のために、多彩な人財力で、責任感と情熱をもって、時代の変化や社会の課題に真摯に向き合い、環境に配慮した公正な調達を目指します。

調達の基本的な考え方

  1. 1公平・公正な取引
    当社は建設物の資材・施工に関して、公平・公正な姿勢で広く調達活動を展開します。協力会社選定にあたっては、品質・安全・コスト・納期に加え継続的な改善に取り組む姿勢・経営状況等を総合的に勘案します。
  2. 2「パートナーシップ」に基づく相互発展
    当社は協力会社とのパートナーシップとブランドメッセージである「人がつくる。人でつくる。」を尊重し、時代の課題・問題を共有・解決し、より良い調達活動の進展を目指します。
  3. 3「良き建設人」としてのコンプライアンス推進
    当社は建設生産に係る調達活動を通じて、建設業法その他の法令を遵守し “良き建設人”として地域や社会へ貢献します。
  4. 4安全・安心の「CSR調達」の実現
    当社はお客様の安全・安心を実現するため、上質で、環境に良く、災害に強い建設物を提供するための調達活動を行います。
  5. 5「グリーン調達」の提案
    当社は設計意図を良く把握しながら、環境に配慮された資材や環境負荷の少ない施工法を提案することでグリーン調達を実現します。
  6. 6「機密情報保持」と「情報開示」
    当社は調達活動において機密情報を厳正に保持し、顧客ならびに協力会社との取引を通じて知り得た機密情報の取扱いについて充分な注意を払います。一方で、情報開示についてはステークホルダーに対して、適時・適切に当社の情報提供・開示を行います。
  • SCIENCE BASED TARGETS DRIVING AMBITIOUS CORPORATE CLIMATE ACTION
  • ECO FIRST
  • BOSS IKUBOSS AWARD 2016