協力会社とともに 協力会社とのパートナーシップ

当社社員と協力会社職長※1・作業員間のコミュニケーションを軸に、技術、品質、環境、生産性の向上に関する取り組み、技能者不足の解消に向けた取り組みを通じて、ともに成長発展していく関係を目指しています。

  • ※1職長:協力会社の社員で、作業所で部下の作業員を直接指揮・監督し、作業の安全を確保するとともに、作業の遂行に責任を持つ、第一線の監督者のこと。

パートナーシップを強化

当社では、本社・各支店で組織される「パートナーシップ委員会」において年度ごとに「パートナーシップ活動計画」を立て、協力会社とともに技術、安全衛生、品質、環境、生産性の向上とコンプライアンス遵守に関する活動を展開しています。その活動内容は、建設産業が直面する課題「労務不足の問題、技術・生産性の向上、技能労働者の処遇改善」に対し実施すべき方策にまでおよんでいます。

2021年度パートナーシップ委員会 活動計画

1.パートナーシップの強化

  • 協力会社との懇談会等の実施
  • 日建連提言の具現化方策の検討

2.経営状況の把握

  • 協力会社訪問・面談
  • 標準見積要項改定

3.自主管理能力・施工能力の向上

  • 職長能力の向上
    • 職長会活動への指導・助言
    • 戸田建設優良技能者研修会の開催支援

4.労務不足問題への対応

  • 労務状況の把握
    • 本社部門による各支店労務山積みの把握・指導
    • 協力会社の労務余剰の確認・把握
  • 外国人技能実習生、外国人労働者活用の推進
    • 受入状況アンケート等による実態調査の実施
  • 女性技能労働者活用の推進
    • 女性が働きやすい設備・制度の整備
  • 協力会社のリクルート支援

5.技術及び生産性の向上

  • 生産性向上への取組
    • フロントローディング・ICT活用・ロボット活用の推進
  • 環境対策の推進
    • エコ活動、CO2削減に向けた取組の展開

6.技能労働者の処遇の改善

  • 建設キャリアアップシステム(CCUS)の推進
    • 協力会社登録状況確認アンケートの実施
  • 社会保険加入の徹底
  • 優良技能者制度の展開
    • T-PARTNERによる優良技能者手当の支給
  • 技能労働者の賃金状況の確認
  • 技能労働者の休日確保
  • 日建連快適職場の推進

7.その他

  • リスク管理の徹底
  • 主任技術者の適正配置

労務費見積り尊重宣言

当社は、日本建設業連合会(日建連)の「労務費見積り尊重宣言」に基づき、国が定めた公共工事設計労務単価を参考に協力会社と契約金額を定め、技能労働者へ適切な賃金が支払われるよう指導致します。

日建連「労務費見積り尊重宣言」[PDF:117KB]

職長会活動

建設工事は、さまざまな職種が共同して行う作業です。円滑に作業を進めるためには、職長間のコミュニケーションを通じた相互理解と一体感の創出が不可欠です。
当社では、作業所単位で活動している職長同士の繋がりを進化させ、支店単位での「職長会」を設置し、会員相互の情報・意見交換等を行うことで活動の幅を拡げています。
2008年5月に東京支店管轄の「東京職長会」が発足したのを契機に、翌年全支店に展開し、2021年3月末現在では国内12支店で総勢1,104人(2020年3月末より+7人)の会員数となりました。
「職長会」では、定時総会、役員会・ミニ役員会、意見交換会、新規・既会員・優良技能者研修会、職長交流会、会報誌発行等を実施しています。活動を通じて発見された課題は、当社支店幹部や協力会社組織である利友会の幹部との意見交換を行い、対策については作業所の運営に反映しています。
今後も当社では、戸田建設のものづくり、戸田ブランドを支える原動力となる「職長会」の活動を支援していきます。

職長会での意見交換の様子

優良技能者手当支給制度の推進

当社では日本建設業連合会が2009年9月に公表した「建設技能者の人材確保・育成に関する提言」を受けて、2010年4月に”優良技能者手当制度”を創設しました。
また、翌2011年4月には「優良技能者就労管理システム(T-PARTNER)」を構築することで、全国の優良技能者の管理及び就労実績の集計を可能としています。
当社は職長会の会合などを通じて、優良技能者手当支給制度への加入を建設技能者へ働きかけています。優良技能者手当の変遷としては2010年6月より500円、2013年10月に1,000円に改定し、2015年10月より優良技能者(TODA-Meister)の手当を1,000円から3,000円にアップ、準優良技能者B:2,000円・準優良技能者C:1,000円を新設しました。2021年3月末現在、全国で826名(A手当:675名、B手当:30名、C手当:121名)の方を、優良技能者・準優良技能者として認定し、手当を支給しています。
今後も優良技能者手当制度の普及・利用を推進し、「優秀な技能者の処遇向上によって、技能者が仕事に誇りや希望を持てるようにする」という制度創設の目的実現に向けて取り組んでいきます。

優良技能者の資格要件(各支店別の職長会に所属する、優良技能者研修会受講者とする。)

1優良技能者(TODA-Meister)
  • 登録基幹技能者の資格を保有
2準優良技能者B
  • 登録基幹技能者として資格認定されていない職種で、各支店にて優良技能者に準ずると認定された職長
3準優良技能者C
  • 登録基幹技能者の資格取得が可能な職種で、未取得ではあるが、支店職長会並びに支店作業所における職長活動が顕著と認められた職長
  • 各優良技能者共にCCUS技能者登録修了者とする。

将来の担い手育成に向けて「一般財団法人戸田みらい基金」を設立

当社は、建設産業の未来を支える「担い手」の育成に向けた各種支援事業を通じて、産業全体の発展に貢献することを目的に、2016年10月、「一般財団法人戸田みらい基金」を設立しました。
近年、建設産業においては、就業者に占める若年層の減少が目立ち、他産業と比べても高齢化の傾向が顕著となっています。安全・安心な社会基盤の構築及び保全という、建設産業の社会的役割を持続的に果たしていくためには、担い手の安定的な育成を通じた生産体制の確立が不可欠です。
本財団は、「若手技能者の採用・育成及び資格取得に係る助成」「外国人技能実習生の受入れに係る助成」「女性技能者の継続就労に係る助成」「建設に関する教育振興に係る助成」等を行うとともに、これら助成の対象となった活動事例の普及に努めることで、建設産業で働く人々が自己の資質や能力を最大限に高め、職長会活動現に向けた取り組みを進めていきます。
これまでの各助成事業における助成実績については下記URLより確認可能です。
https://www.toda-mirai.or.jp/jyosei.html

(参考)戸田みらい基金ホームページ

協力会社改善提案活動

協力会社改善提案活動は、当社の業務に従事する協力会社およびその従業員から、品質向上、業務改善・合理化、安全性の向上等に関する改善事例を提案する制度です。優秀な提案については、表彰するとともに、全国連合利友会総会での事例発表を実施しています。創意工夫を奨励し、有益な提案を水平展開することで業務の効率化や施工水準の向上を図っています。

事例発表の様子
  • SCIENCE BASED TARGETS DRIVING AMBITIOUS CORPORATE CLIMATE ACTION
  • RE100
  • ECO FIRST
  • BOSS IKUBOSS AWARD 2016